管理番号:-

売り土地

 

管理番号 -
所在地 沖縄県石垣市字新川
価格/坪単価 1,210万円万円(@9.98万円) 用途地域 無指定※観音堂地区景観計画における制限有
土地面積 121.22坪(400.73㎡) 土地状態 原野
建ペイ率/容積率 40% / 80% 接道・幅員 -
引渡 即時 取引形態 代理
学校区 -
備考 各分譲地の実測図はこちらから確認できます。
⇒当物件は、ナンバー⑧になります。

google map はこちらから確認できます。



近年、よく耳にするキーワード
「沖縄移住」。その中に八重山移住が含まれ、さらに八重山移住の中から石垣島移住、西表島移住等・・・他の離島移住が含まれます。 

当売地の物件は、沖縄移住者の中でも大人の八重山移住者を対象に考えられた分譲地の物件です。
当売地物件の購入を考える際、当然価格を考えると思いますが、同条件の物件は二つとしてありませんから、悩ましいところです。適正価格であるかどうかは買われる方の価値判断で決まります。

自分がいい物件と思うものは、同じように他の人もいい物件だと思うものです。

八重山の土地が今後上がるのか、それとも下がるのかを考えるにあたっては、沖縄本島の動向も少なからず知っておく必要があるので、次のページにてご説明したいと思います。

一言に移住と言いましても、
大人の方の移住となると、「生活の利便性」が先ず絶対条件で出てきます。青い海が見える、ゆったりとした時間、という沖縄独特の基本条件はもちろんのことですが、いざ実生活となると、日々の買い物があります。体調不良時、検診で病院に行くこともあります。 つまり、リタイヤした方なら兎も角、仕事を持っている人なら、八重山諸島の中でも一番施設や利便性が整っている石垣市でなければ、立ち行かなくなってくるのです。

沖縄本島は確かに便利になりました。しかし、本島が都会化すればするほど、大自然が残る、かつ、利便性とのバランスが取れている八重山諸島の石垣市が脚光を浴びていくことでしょう。現在でもとても多いですが、石垣島移住者はこれまで以上に増えてくると思います。沖縄本島の発展ぶりから推移すると、石垣市の地価も数年でかなり上昇していくことも考察されます。

当売地の物件は、八重山諸島の石垣島・新川にあります。
石垣島は那覇の南西約420キロに位置し、東京からだと2.000キロも離れています。島自体は、南北に長い島で南端から北端まで直線距離で約40キロです。

石垣市は八重山地域の人口の約8割が集中する中心地で多くの離島の交通の拠点になっています。 石垣港の新しい離島桟橋が2007年から供用開始になり武富島、小浜島、黒島、西表島、波照間島等を高速船が皆この桟橋から発着しています。この高速船はスピードが速く、また便数も多いため、海上交通の便は非常に良く八重山諸島の人々の足としてなくてはならない存在です。 もちろん、地元民のみならず、観光客も大いに利用しています。

珊瑚の海に囲まれた美しい石垣島は、南部は平野でその中心に市街地があります。
石垣市の中心市街地は、面積はこじんまりとしていますが、都市機能は充実しており生活するのに全く問題はありません。金融機関は地元企業の琉球銀行、沖縄銀行、海邦銀行のメインバンク各々の支店が揃っています。その他の施設を挙げても、マックスバリュ等大型スーパーを始め、コンビニ、ファーストフードショップ、ファミリーレストラン、病院、カラオケ、レンタルDVD店、リゾートホテル等、本島に引けを取らず何でも揃っておりますので、石垣の中心部に居れば那覇で暮らすのと生活の面で殆ど差はありません。
実際、石垣市民の85%は市街地に住んでいます。

また、平坦な宮古島に比べると、石垣島は地形が変化に富んでいます。海はもとより、平野、原生林に覆われた山地、入り江、半島など様々な表情を見せます。ドライブをするにしても、6時間あれば食事・観光などを挟んでも飽きずに十分楽しむことができます。 

このように、石垣の市街地は都会的な表情を見せますが、その一方、車で10分も走れば、豊かな自然の広がる郊外に出ます。都会のたたずまいと自然の息づかいが共存するのが石垣市の最大の魅力でもあります。

数ある土地の中でも、当分譲地は、海岸から緩やかな丘陵地をなしています。
海岸・浜にも徒歩で10分程度の距離です。さらに、市街地にも車を10分も走らせれば楽々行ける立地にあります。こんな好条件の土地が坪当たり10万円です。
さらには、
本土からの移住者同士も多い環境ですから、あまり気兼ねすることなく、お互い同士助け合えます。 
石垣市には沢山の売地がありますが、この様な条件の土地を探す事は容易な事ではないでしょう。
おそらく、年内中には土地は売れ、3~4年では住宅もでき、閑静な住宅地になっていることでしょう。

当分譲地からは西表島、小浜島、竹富島も望めます。
もちろん、夕刻時には美しいサンセットも望めます。
一敷地当り120坪以上ありますから、家庭菜園やガーデニングも思い切り楽しめます。 
建築の相談も承りますので、気になることがあれば何なりとご相談下さいませ。

担当 金城