« 戻る

売り土地

物件を印刷する

534坪の開発行為物件、非線引き区域、平坦地、公共下水道整備区域、佐敷小学校まで約500m、佐敷中学校まで100m、保育園まで200mの好条件物件です!

管理番号 10
所在地 沖縄県南城市佐敷字兼久
価格/坪単価 -(@-万円) 用途地域 非線引
土地面積 534.9坪(1,765㎡) 土地状態 -
建ペイ率/容積率 60% / 200% 接道・幅員 南:36m
引渡 即時 取引形態 一般
都市計画 - 学校区 佐敷小学校  佐敷中学校
備考

当物件は南城市佐敷の字兼久の閑静な住宅地にあります。


開発行為が容易に出来る「希少物件」です。


H22年8月以前なら市街化調整区域でしたが、


南城市が新しく独自の都市計画を策定し、


以前の市街化調整区域の殆んどが非線引区域となり、


建築が容易に可能になりました。


当物件ヶ所もその領域で勿論、開発行為が可能な地域です。


また、前面道路は公共下水道が整備されていますので、


合併処理施設を造る必要がありません。


汚水は下水道管渠を布設するだけになります。


雨水は宅地内の浸透枡と側溝で処理します。


現地は殆んど平坦ですから擁壁等の構造物が要りません。


境界は全てブロック壁で囲まれています。


開発区域の中央へ道路を通すだけですみますので、


開発行為に掛かる費用としては「最小限」で済むと思います。


土地の整形もほぼ長方形で中央の道路(幅6m×長45m=270㎡≒82坪)


の部分を差し引くと (534坪-82坪=) 452坪残るので、


1戸当たり (452坪÷8戸≒) 56坪位の計画が可能かと思います。


 


土地の分譲だけするのか?建物を付けて販売するのか?


専門業者の範疇になりますから,コメントする立場にありませんが、


要は、ニーズはあるか? 土地の仕入れはいくらになるか?だと思います。


 


住宅地のニーズについては ・・・


南城市は従来の「都市計画区域」制度を見直し、新制度を導入しました。


新しい「まち」づくりは、県内の他市町村を始め、沖縄移住者も視野に入れて


住宅の建設を容易にし、市民増加を目論んで都市計画を進めていますので、


「必然的に需要も供給も増えて来る!」と推測出来ます。


その中で、住宅地を考える条件は職場との通勤距離及び時間、


それから、子供の学校区と通学距離かと思います。


当物件は那覇市街から約30~40分位なので、充分な通勤圏です。


学校については、佐敷小学校まで約500m、佐敷中学校まで約100m、


保育園まで約200mで、住宅地として恵まれた条件下にあります。


このように観点から潜在的「住宅ニーズは充分にある!」と思います。


 


価格については・・・  534で       万円です。


坪当たり(        万円÷534坪=9.36≒)     万円 です。


熱意ある開発業者様の連絡をお待ちしています。


 

QRコード
動画 -

アクセスマップ

電話でのお問い合わせ

TEL:098-867-0404

メールでのお問い合わせ

メールで問い合わせる