« 戻る

売り土地

物件を印刷する

環状2号線から5分、浦添市内間に景観の良い土地出ました。

管理番号 -
所在地 沖縄県浦添市内間3-23-31
価格/坪単価 6,500万円(@-万円) 用途地域 第一種中高層住居専用地域
土地面積 93.7坪(310㎡) 土地状態 宅地
建ペイ率/容積率 60% / 150% 接道・幅員 東6.5m
引渡 応相談 取引形態 仲介
都市計画 市街化区域 学校区 -
備考
当物件は浦添市内間3丁目23-31にあります。住所は一応、浦添市の内間となっていますが、限りなく那覇市それも新都心の近くにあります。
県道82号線(別称:環状2号線)から浦添市に5~6分位入った、少し奥まった閑静な住宅地に位置します。当物件から新都心の「メインプレス」や「リウボウ」までは、渋滞でなければ12~3分の距離です。
 
物件概要
敷地面積 : 地籍図で310㎡
用途地域 : 第1種中高層住居専用地域
指定建ぺい率:60% 310×60%=186㎡(56.3坪) 
指定容積率:150% 310×150%=465㎡(140.9坪)
地目 : 宅地
接道 : 東 6.5m 

現在、築50年位の老朽化した2階建てのコンクリートブッロック造が建っていて、取り壊す必要があります。
また西側の隣地境界部分と東側の道路面とでは約6mの高低差があり擁壁が必要になります。
さらに北側と南側の隣地とも6~1m位の擁壁を造る必要があります。
建築可能な建物の高さは道路面より10m位までです。

どんな物件でも駐車場は必須条件ですので、1階部分を駐車場にして2階、3階を部屋に計画した方が良いでしょう。
エレベーターで屋上まで上れるようにすると、屋上に後50坪位の有効利用出来るスペースが確保できます。

更地より擁壁工事費等かさみますが、その変わり抜群の景観と50坪の用地を手に入れたも同然と言えましょう。

用途としては住宅及び共同住宅は勿論、店舗、事務所、飲食店や診療所や病院も建てられます。
土地面積が大きいので一戸建て住宅としては論外として、アパートは検討の余地はあるでしょう。あるいは、クリニックや病院はどうでしょうか。今は、SNSの時代です。たとえ目立たない立地でも、住所や店名や業種さえ分かればスマートフォンが案内してくれます。

沖縄は不動産価格が上昇しています。国土交通省は2019年度の公示価格を発表しています。それによると、沖縄県内ほ住宅地、商業地、工業地の全用途平均変動率が前年度比プラス9.3%です。6年連続上昇し、3年連続全国トップの伸びを示しています。
勝ち組と言われる「東京、大阪、名古屋」の三大都市圏の上昇率でさえ商業地は+5.1%、住宅地は+1.0%です。
それに比べて、都道県別の上昇率は、沖縄県が商業地:10.3%、住宅地:8.5%で共に全国トップになっています。
県内のシンクタンクのりゅうぎん総合研究所やおきぎん経済研究所や海邦銀行系の海邦総研のどのシンクタンクも「地価の上昇は今後も上昇傾向が続く」と予測しています。
国土交通省も転売目的の取引が相次いだバブル期と異なり「経済活動の裏付けがある上昇」とコメントしています。

当物件辺りの類似する売買事例を調査しました。売り土地で過去5年間に1件だけ成約事例がありました。
地目:宅地で39.31坪・所有権・第1種中高層・接道状況:北・4.5m・私道に14.3m接道の物件です。
2018年7月13日に売り出し⇒2018年8月30日に成約しています。坪当たり59.52万円でした。
この辺りには先ず売り物件が出てきません。最近5年間でも売り物件は上記の物件のみです。
当物件の用途地域も第一種中高層住居専用地域です。この辺りで土地を購入をしようと思ったら
坪当たり65~70万円は覚悟しておかないと、とても入手出来ないと考えたいた方がいいでしょう。

当物件の売値は6,500万円を予定していますが、既存建物の撤去費用と擁壁代もありますので価格交渉に応じます。
早く手を上げた方から交渉に入ります。お気軽にご連絡下さいませ。  

企画担当:金城 

QRコード
動画 -

アクセスマップ

電話でのお問い合わせ

TEL:098-867-0404

メールでのお問い合わせ

メールで問い合わせる