§関連するトピックス§

競売代行:マイホームを手に入れるには

マイホームを手に入れるには、
今住んでいる土地に家を新築したり建売住宅を買ったり、
或いは中古マンションを買うという一般的な方法です。
こうした物件の価格には、掛った費用とは別に、
業者の利益が様々な形で上乗せされています。


ところが市場価格より絶対に安く
マイホームを買える方法があります。
それは、不動産競売です。 
市場価格より2~3割位安く買える方法です。場合によっては、
市場価格の
半値ほどで買う事ができる場合もあります。


十数年前までは、不動産競売はマイナーな入手法でした。
それが、今日では業者だけでなく一般市民も含め、
多いに脚光を浴びています。

その背景には、バブル崩壊によって、
不動産差し押え物件が急増したからです。


平成16年には悪質な不法占拠を排除して
安心して買い受けができるようにするため、
短期賃貸借権の保護が廃止され、
競売不動産に立ち入る事ができる、内覧制度も始まりました。

平成17年4月からは、最低売却価格制度が廃止され、
売却基準価格から、2割も安く入札できる制度に変わっています。
このように不動産競売の制度も透明、健全化へ向けて
大きく変わって来ました。


また、IT時代に対応し、BITシステムという、競売情報を
インターネットで検索・閲覧できるようにしており、
不動産競売は一般市民にとってより身近なものに変わりました。


かつては、不動産競売は業者の独壇場で、
競売物件は市場の7割程度で取引きされ
その業者がマージンを上乗せして販売するやり方が一般的でした。

競売で落札した業者は、転売により約3割の利益が見込めたのです。

ところが、不動産競売に
一般の市民が続々と参加するようになったことで、
業者にとっては、厄介な事になって来ました。
競売参加者のすそ野が広がったことで、競り値が読みづらくなったのです。















 

 

 


§関連するトピックス§