§関連するトピックス§

競売代行:競売代理入札システムとは?

競売代理入札とは

結不動産の「競売代理入札システム」とは、お客様がプロのアドバイスや力を借りながら、
競売市場から直接物件を落札することが可能なシステムです。

お客様が直接競売市場から物件を落札することで、下記のような業者が負担している、
そして最終的にはお客様が負担することになる余計な経費削減を目指しています。

業者が負担している経費の一例

登記費用・取得税等の税金(不動産業者の転売目的は軽減措置なし)

商品化の経費+利益(リフォーム費用、立ち退き費用+利益)

仲介業者に払う仲介手数料(売買価格×3%+6万円(税抜)が上限)

仲介業者の販売経費(新聞・オープンハウスなどの広告費用等)

競売市場から物件を直接買えば、安くなるのは当然です。しかし個人で入札するには
リスクも高く、物件は商品化されていない状態なのでデメリットも生じてきます。
また入札金額を、いかにメリットのある金額に設定するかが一番重要です。
当システムでは入札価格についても豊富な情報をもとにプロの目でアドバイス致します。
 

 


















 



 


§関連するトピックス§