§関連するトピックス§
前のトピックスへ次のトピックスへ

契約期間の期限が「8年前に切れていた」、どうすればいいのか?

契約期間の期限が「8年前に切れていた」、どうすればいいのか?

契約期間が8年前に切れていた事が分かり、地主から土地を明け渡して欲しいと言われてきても
借地人はその借地に住み続ける事が出来ます。これは、法廷更新があるからです。借地上に建物があり、借地人がその土地に住み続けていれば、この法定更新により契約は更新されたと見なされるのです。例え、8年前に契約期間が来ていたとしても、地主が土地の明け渡しを求める正当事由にはなりません。借地契約は、契約期間が満了した時に新しく契約を交わすのが原則です。
契約が切れている事が分かった時点で、地主と話し合いきちんと借地契約を交わすべきです。
以前の契約が旧法時代に交わしていれば、旧法時代の契約条件となります。

前のトピックスへ次のトピックスへ

§関連するトピックス§