§関連するトピックス§

更新料は「払わなくてもいい」聞いているが、本当に払わなくてもいいでしょうか?

更新料は「払わなくてもいい」聞いているが、本当に払わなくてもいいでしょうか?

更新料も借地人と地主の間でよく起きるトラブルの一種です。弁護士や税理士が言うには、契約書に更新料について特別な記載がない場合は基本的には更新料を払う必要はないと言います。
判例でもそう判決されています。「払う必要はない」とは、あくまで法律に照らしての解釈です。

しかし、契約書に記載されてなくても、過去に更新料を払って来た場合には、契約書にないからと借地人が支払いを拒否しても、支払いを命じられる事もあります。
法律的には払う必要がなくても、杓子定規に法律を持ち出すといい方向には行きません。地主の感情を害し、お互いの信頼関係が壊れては、「売却の際の譲渡承諾」、「建物を建て替えたい時の承諾」等の承諾書が貰えなくなる可能性が出て来ます。

契約書に更新料の記載がなくても、地主との人間関係を保ためにも「更新料は払った方がいい」と思います。「建て替え」や「売却」する時、その方が上手く行く可能性が高くなります。


§関連するトピックス§