§関連するトピックス§

アパートオーナーで副業

公務員は副業としてアパート経営もすることができます。
米サブプライムローン問題で、大手上場の不動産会社が倒産する、
といったニュースを聞きますが、不動産関係でも、アパートなどの
賃貸物件への投資による副業がいま脚光を浴びるようになってきました。


不動産の価格が下がってきているため、
相対的な利回りが上がってきているという理由から
アパートオーナーの副業に人気が集まっているのです。
この副業は、自ら建物を新築するのではなく、中古物件を購入することや、
自宅のマンションなどを貸して家賃収入を得るというものです。

アパートオーナーとなるためには、
満室になっている物件や、地理的条件などを吟味しておく必要があります。
立地条件によって部屋の入居率も変わってきますので、注意が必要です。
また、不動産そのものの価格の他に仲介手数料、所有権移転費用や取得税など
購入価格とは別の費用がかかってきますし、
毎年、固定資産税や保険料なども費用としてみておかなければなりません。

アパートを購入する際に、
ローンを組めば利息も支払わなければなりませんので、相対的な費用と
入居率による収入を計算して、副業として成り立つのか考えなければなりません。

退職金の運用がうまく行かなくなった今、アパートオーナーも
公務員の副業の一つの選択肢して資産運用を考える時期かも知れません。





§関連するトピックス§