§関連するトピックス§

不動産投資を始める前に

個人投資家が不動産を安く買えたのは
米国のサブプライムローン問題の直後2008年の秋~冬頃と、
その余波で09年3月前後の市場が低迷していた時期です。

これから不動産投資を始めよう
また、既に始めていて2件目、3件目の投資を考えているという
個人投資家にとっては今後も買い手市場が続くでしょう。

何故かと言うと、不動産会社を始めとするプロの投資家が
投資用に不動産を買いたいといっても、金融関係からの
彼らに対する融資はまだまだ厳しい状況が続いているからです。


本来なら、プロにだけ情報が流れて、
素人の個人投資家には回って来なかったような
「いい物件情報」が個人投資家にも回って来るようになったのです。

物件が多数ある状況で、特にお金に余裕のある個人投資家にとっては、
ゆっくり物件を選べるという状況が今後も続くと思われます。


サブプライムローン問題やリーマンショックの時期に痛手を負った
プロの間では、いまだに資金が回りにくいという状況であります。

現在は不動産投資ブームと言っていいでしょう。
株やFXといったハイリスク・ハイリターンで傷付いた個人投資家が
ミドルリスク・ミドルリターンに戻って来たのです。

素人の不動産投資をこれから始めたい方にとっては、
ライバルの数こそ増えますが、市場は超低金利時代です。
全体の不動産市場を見た時、
個人投資家には追い風が吹いている!と言ってよいでしょう。




§関連するトピックス§