§関連するトピックス§

団塊の世代と独身の老後

独身の老後に不安を抱いている人が、非常に増えています。

これは、独身の人が増えているからなのですが、
独身の老後で一番問題になるのが、
病気になったときなのです。
自分で病院に通院できる場合は、いいのですが、
寝たきりになったり、持病が急に悪くなったときに、
介護をしてくれる人もいないですし、
救急車を呼んでくれる人もいないのです。

独身で一番怖いのは、この急に病気が悪くなることなのです。
独身の老後には、リスクがあるのです。
若いときは、仕事などを通じ、
人と触れ合うきかいがあるのですが、

老後となると、
そういう人との交流が減ってしまい、
気が付くと、社会とかかわりを持つことが出来ない状況に、
陥ってしまうことになってしまうのです。
もし、独身で、死んでしまえば、誰にも気づいてもらえず、
ミイラ化してから発見なんてことにもなりかねないのです。

事実そんなことが非常に増えているのです。
独身であればこそ、いろいろなサークルや、教室に参加し、

社会とかかわりを持つことが重要になってくるのです。
でも、老後になってから、急に社会とかかわりをもとうとしても、
関係をもつことができないので、
若いうちから色々なサークルとかに参加して、
社会と関係を持つようにしましょう。





§関連するトピックス§