§関連するトピックス§

団塊の世代の老後

団塊の世代の老後が凄く話題となっています。
それは、一度の多くの定年退職者が派生し、
そこに多くの退職金という大きなお金が動くので、
それを目当てに金融機関が色々と動くからなのです。

ここで、問題なのが団塊の世代の人間の多くは、
仕事人間であり、お金の運用や人生の楽しみ方について、
理解していない人立ちなのです。
団塊の世代の老後だからといって、世間は特別視してくれません。
自分の老後は自分で守る必要があるのです。

では、団塊の世代の老後についてどうすればいいか?
まずは、老後の生活の生活費について考えて見ましょう!

定年になったからと言って、すぐに年金をもらうのはどうでしょうか?
65歳まで待てば、もらせる年金の金額が増えます。
今では、国の制度で、65歳まで、意思表示をすれば、
同じ会社で嘱託と言う形で残ることが出来ます。
でも、嘱託なので、以前の給料の半額ぐらいになります。

ここで問題なのが、今の生活費はいくらかと言うことです。
これを把握できれば、嘱託で得られる金額との差額が、
必要金額となります。
65歳までの5年間や、それ以後の足りない部分は、
貯金や退職金の切り崩しとなります。

ここで問題なのが、貯金や退職金を削っての生活で、
死ぬまでの生活費を確保できるかと言うことなのです。
多くの人は、退職金などの大金を持つことが余りありません。
そんな人に、資産の運用と言っても、
金融機関の言いなりとなりやすいのです。

でも、金融機関の言いなりとなっても、
資産を大きく増やすことは非常に難しいのです。
そこで、自分で株や商品取引に手を出す人がいるのですが、
株や商品取引の世界は、いきなり始めても勝てるものではないのです。
それよりも、もっとリスクの少ない資産運用をすることが必要なのです。

たとえば、不動産投資とか海外投資となります。
これらもリスクはあるのですが
勉強することで押さえることが出来るのです。

団塊の世代の老後は、勉強することで楽しい老後を、
得ることが出来るのです。




 


§関連するトピックス§