§関連するトピックス§

団塊の世代と老後の貯金

老後の貯金は、準備できていますか?
こう聞かれて、大丈夫と答えられる人は、
本当に少ないのです。

老後の貯金に対し、大丈夫と答えられないのは、
老後の生活資金に対し、生活費がいくらかかり、
年金や資産からの収入がいくら入るのか、
把握していないからなのです。

老後の貯金に対し、60歳から3000万円とか言われますが、
実は最近医療が進み、長生きをしてしまうと言うリスクが生まれ、
60歳からの生活費が90歳までかかると計算する必要があるのです。
でも、老後の貯金に対し、ここまで考えている人は、
現在では、あまりいないのが現状です。
このことが、老後の貯金に対し、不安を感じてしまうことなのです。

この、老後の貯金に対しての不安を解決するためには、
年金がいくら入り、貯金をどのように運用するかが重要となります。
貯金を運用というのはただ、単純にお金を貯金していると、
金利が、ほとんど付かないだけではなく、

インフレになると実質、貯金が目減りすることになるのです。
せめて、インフレに対し、目減りしないように、
貯金を運用する必要があるのです。

でも、老後の資金として、重要な貯金を、
いきなり、資産運用として、株などに投資すると、
目減りの可能性が非常に大きく、
場合によっては、貯金が半分になることもあるのです。

でも、資産運用は、株以外にもいる色とあります。
最近では、海外投資について、詳しく説明している本もあります。

でも、一番いいのは、有料の海外投資のセミナーなどで、
自分で勉強することなのです。
老後の貯金に不安を持たないために、
資産運用についても勉強してみましょう。




 


§関連するトピックス§