§関連するトピックス§

団塊の世代と老後保険

老後保険についてどうしていますか?
老後保険について多くの人は理解していないのですが、
実は、保険とは、車などと同じ、高額の商品なのです。
このことを理解している人は、非常に少ないのです。
毎月の支払いは、わずか数千円かもしれませんが、
その数千円 12ヶ月 かける年数と計算してみてください。
すぐに、数百万円になるのですが、
保険屋さんは、このことをについて説明してくれません。


逆に、月の掛け金を30日でわり、毎日の掛け金は、
わずかコーヒー一杯分ですよとか、タバコ一箱分ですと、
保険の掛け金について説明するのです。
決して車一台分です!とは決して言いません。
これほど、老後保険は高額なのに、
多くのひとは、保険屋のいいなりに保険に入るのです。


老後の保険について考える場合は、
どんなときに、ふいにお金が必要になるかを考えないといけません。
一番最初に思いつくのが、病気や怪我と思います。
そうなると、医療保険が必要となります。
医療保険で考えないといけないのが、入院費の補助です。
これは、一日一万円の保証があれば、十分です。
治療のほうは、成人三大病の保障が必要です。
これを踏まえたうえで、医療保険に入ればいいでしょう。

次に考えないといけないのが、死亡した場合についてです。
残された家族に対して、生活の保障を考えないといけません。
でも、老後に死亡した場合は、年金からも残された家族に、
お金が支払われます。
となれば、足りない分のみ、保険に頼ればいいのです。

こう考えていくと、今の保険は払い過ぎではないですか?
老後保険を見直すと、かなりの家計の節約ができるのです。




 


§関連するトピックス§