§関連するトピックス§

借地を優良資産に変える前に、先ずは、借地を手放すか? 持ち続けるのか?

借地を優良資産に変える前に、先ずは、借地を手放すか? 持ち続けるのか?

手放すならば、「売却」することです既に空き家になっているケース
現在は住んでいるけど、別の住まいに引っ越しを希望しているケース
高齢の両親が住んでいるが、近いうちに同居が決まっている場合や、自宅の老朽化が進んでいて、借地で家を建て替えるより利便性の良いマンションに住み替えたいと言う話を聞きます。
この場合は、出来るだけ速やかに借地を売却して現金化することです。

持ち続けたいならば、先ず、等価交換を考えます。 等価交換とは、借地権と地主の土地の一部とを、等価交換することで、双方が完全な所有権を有する土地として所有しあうことです。
地主からしても借地権者からしても出費の少ない方法で、理想的にな資産化と言えましょう。

続いては、地主から底地を買い取ることで所有権を得ることです。登記を自分の名義にすることで借地が自分の所有する土地になります。所有権を得れば、建て替えもリフォームも自由です。
そして、「借地の運用」です。これは自分が住まなくなぅた家を、収益物件として運用して資産化すると言う考え方です。住む予定がない空き家であれば検討したい。空き家を所有しているだけでは、地代が掛かるばかりです。


pasting

§関連するトピックス§