§関連するトピックス§

借地権者が「借地権を売ろう」と思うタイミングで特に多いのは「更新」の時です。

借地権者が「借地権を売ろう」と思うタイミングで特に多いのは「更新」の時です。

その理由は、「更新料が高い」、「高齢でもう後20年は生きられるか」などお金がない、お金をかけたくないと言うケースが1番多くなっています。
次に多いのが「相続」のタイミングです。親から借地相続したものの、子供たちは既に持ち家があり使い道がない、建物も老朽化しているので改修するにも大金がかかる、親が高齢になり子供と同居する、施設に入居する等々が売却したい主な理由になっています。
借地権には多くのトラブルがありますが、借地権者は殆どがその知識がありません。その理由は、
親からの借地を継いだケースが多いからです。
親が住んでいる家が借地である事は、日常はさほど意識する事はありませんが、
いざ、売却を考える時、契約更新の時、地代の値上げを告げられた時等の問題に直面した時に初めて、借地権の難しさを気づくのです。いざと言う時にために知識をつけておきたいものです。


pasting

§関連するトピックス§