§関連するトピックス§
前のトピックスへ次のトピックスへ

更新料をめぐるトラブルが増えています。

更新料をめぐるトラブルが増えています。

旧法借地権は、契約期間満了時に建物が存在すれば、借地契約を更新することが可能です。

更新する場合、借地人は地主に更新料を支払うのが慣習となっています。
その更新料支払いが原因で地主と借地人の関係が悪くなる可能性があります。
更新料は地域の慣習や地主によってその額が大きく異なります。地主はその地域の相場に合わせたつもりでも、借地人にとってはその額が非常に高い額を要求されたと感じます。

借地権の更新は数十年毎に1しかありません。貰える機会は数十年に1度だけです。
そのため、地主と借地人が話し合う機会が殆どなく、又、法的に明確な基準が整備されていないために、「払え! 払わない! 高過ぎる! 相場だ!」等々、もめてしまう事が多いのです。
例え、更新料の話が上手く調整出来たとしても、年齢の問題も出て来ます。
借地権者は殆どの方が高齢になっています。
例え、20年分の更新料を払っても現在60代であれば80代に、70代であれば90代になります。古くなった建物は建て替えてもリフォームしてもかなりの費用が掛かります。
このようなケースの場合は、更新料を払うより、そのお金でもっと住み易い家や高齢者向けの施設に移ることを希望する人が多くなっています。

前のトピックスへ次のトピックスへ

§関連するトピックス§