§関連するトピックス§

 沖縄のマンション:マンションを売る理由とは







マンションを売る理由とは、、、

ンションを売ろうと思う時、必ず何らかの理由があります。

転勤が決まったとか」 子供が大きくなり手狭になったとか」
新築マンションを買ったとか」
人それぞれに理由があります。

例えば、「半年後に転勤が決まっているのであれば」
今すぐ売却活動を始めなければなりません。

「手狭になってきたので、一戸建に将来買い替えたい」
のであれば、あわてて売る必要もないから
時間をかけてでも、好条件で売却する」
という目標が立てられますので、売却を急ぎません。


「既に新しいマンションを買ってダブルローンになっている」時は,
早急に古い方を売却しなければ、家計は持たなくなります。

このように「マンションを売る理由」をしっかり見きわめることは、
「売却を完了させるための目標設定」明確にすることなのです。

それが明確になることで、
どのように売却するか」逆算していくのです。 
当り前の話でありますが、
この
当り前のことの中に本当に大切なものがあるのです

売却を進めていく上でまず「お金」の問題があります。

「売れる値段」、「売るために必要な費用」
将来的な生活を考えた
「ファイナンシャルプラン」等々、
いろいろなお金の問題をクリアする必要があります。


例えば、売りたい」と思っても、
売れる値段」が住宅ローンの残高より安い場合
自己資金がないのであれば、売ることができない」即ち、  
「売ることをあき
らめる」という選択となりましょう。

、「マンションを売って毎月の支払いを楽にしようと思っても、
賃貸に替わることで
逆に毎月の支払いがアップする可能性もあります。

古い間取りでリフォームしてから売ろう」と考えていたところ、
リフォームそのものが非常にお金がかかる場合があります。
買った人にリフォームをしてもらう」前提を見きわめる必要があります。


上と同じ条件で売る場合に、
家計にゆとりがあるのであれば、どっしり構えて売ればいいのです。
このように、
マンションの売却にはお金は非常に大切です。


もし、何らかの事情で
マンションの売却を考えていましたら、、

今、市場価格より、低い値段で売り出す場合を除いて、
売れるまでの時間が読めません。

これからのマンションの先行きを考えた場合、
需要が大きく改善することは考えにくく
時間が経てば経つ程、売るのが難しくなるとい
えましょう。

マンション売却を
考えているのでしたら、
1日も早く売り出して市場の反応を見ることです。

2ヶ月間は高めに売り出して、3ヶ月目にも売れなければ
値段を下げてみるとか、マンション市場の反応を見ましょう。

特にいつまでにマンションを売却しなければならない」という方は、とにかく
1日も早く戦略を立て、明日にでも売りに出すことを提言します!








東日本不動産流通機構の調べで、
首都圏における中古マンションの
築年数ごとの、平均成約価格は、築5年以内の物件に比べて、

築6~10年の物件になると、約20%位価格が下がり、
さら築11~15年になると、
築5年以内の物件に比べておよそ半額になります。


築10年を超えた頃から、価格が急激に下落して行きます。
又、それ以上古くなっても、価格はそれほど影響をしなくなります。


築年数15年以内位なら、設備もそのまま使えます。

建物の構造の強度もほとんど変わりません。

中古マンションに、そのまま入居できるのであれば、
予算は、
マンションの価格と、諸費用で納まります。

現実的には、何かしらのリフォームをするケースが多いものです。
中古マンションを求める人は、リフォーム予算を考えておくべきで
す。

中古マンションを買った後、多くの人がリフォームをします。
築10年以内比較的新しいマンションでも、半数近い人がリフォームしています。

築年数が20年以内なら、65%の人が、
築年数が20年を超える場合は、80%の人が、リフォームをしています。

リフォームの内容は、最も多いのが内装で90%にのぼります。


次いで50%の人が、水まわり設備をリフォームします。

マンションは、築年数が経過するほど、リフォーム費用も増加します。
平均的な費用は、築10年以内で約130万円


20年以内で210万円、20年以上で225万円となっています。


間取りを、自分好みに替える際も、中古マンションがいいです。

新築マンションのモデルルームに行くと、
キッチンやバスルームなどの最新の設備機器に目を奪われます。
すると大抵の人は、
買うなら絶対、新築マンションと思ってしまいます。


中古マンションは、何といっても安く入手できますから、
自分の思うままにリフォームした方が、いいのではないでしょうか。


購入後、中身を解体し家族構成や暮らし方に合わせて、
間取り変更しやすいのも、中古マンションだからこそできるのです。

「子供が独立して夫婦2人になったから、部屋数より広さを優先したい
「趣味を楽しむ部屋が欲しい」「書斎が欲しい」などの、
わがままが実現できます。


それでも新築より割安ですのが、中古マンションの魅力なのです。
まさに住空間にこだわりのある人こそ、中古マンションが、おすすめなのです。

★中古マンションは、自分の目で確かめて買えるから安心です!

新築マンションは完成前に売り出されます。
購入予定者は、パンフレットと、モデルルームだけで決断することになります。

華やかな「モデルルーム」に目がくらんで「失敗した!」
とよく、購入者からグチを聞く事があります。
広さなどもモデルルームでは実感しにくいようです。

その点、中古マンション購入者から「マンションを買って失敗した」
という話は
聞いた事はありません。

中古マンションを購入しようとする人は、必ず実物を見に行きます。
外から見ると、眺望、日当り、風通し、外壁や共有スペースの状況が分かります。

マンションの室内を見たら、部屋の広さが実感できます。

その他、設備の劣化状態、リフォームの必要性と、予算等が分かります。



★中古マンションは、好きな街、好みの立地にこだわれる!


好きな街や地域に、自分の予算に合う
新築マンションがあれば、最高でしょうが・・・

でも、
中古マンションなら、買える可能性が、大きくなります。

中古マンションは、さまざまな地域で、売り出されていますから、
新築より中古マンションの方が、場所の選択肢は多くなります。

中古マンション購入者の
購入動機のトップは65%で「希望のエリアだったから」
を挙げています。
次に「手頃だったから」が60%で続いています。


3位に47%で、「物件が、よかったから」、
4位に37%で「新築に、こだわらなかったから」
なっています。
中古マンションが地域の選択肢が多いと言う事は、
それだけ価値の選択も多いという
ことになります。


















 

 

 

 

 

 

 

 


 


§関連するトピックス§