§関連するトピックス§

沖縄移住:那覇

 沖縄移住するなら那覇市

沖縄移住を考えるなら、先ず始めに検討するのは仕事であるべきです。

漠然と沖縄移住を考える殆どの人は、海が見える静かな田舎を考えます。
しかし毎日の生活となると仕事がありますから職場との関係になります。

それに子供の学校との問題が関わって来ます。
そして毎日の買い物もあれば、病気になる時もあります。

実際に生活していく上では収入が必要です。仕事が最優先になります。
仕事なりますと、仕事の種類、数から言っても断然那覇市となります。

現在沖縄移住者の約80%以上の方が那覇市に住んでいると言われます。
その理由は勿論仕事です。

沖縄県全体でも人口は毎年増加傾向で約140万人になっています。
那覇市は約33万人でそれの約23%を占めています。

那覇市は沖縄県の県都で行政、経済文化の中心地です。
那覇市に住んでいる方の80%以上が那覇市が好きで、
今後も那覇市に住みつずけたい!とのデーターもあります。

那覇市を語る時は枚挙に暇がありません。
歴史ある史跡や建物やショッピングエリアなど観光スポットが沢山あります。

その筆頭に首里城があります。
琉球王国の居城として15世紀から廃藩置県まで約500年に渡り
琉球王国を統治し、沖縄の経済、文化のの中心地になっていました。

首里城は沖縄戦も含めて4度焼却して現在に復元されました。
そして2,000年に世界遺産に登録されています。
そして今では毎年何百万人の観光客が訪れてきます。

それから金城町の石畳も有名です。
NHKドラマ「ちゅらさん」の撮影地にもなり沿道の民家が
古波蔵家の自宅の外観として使われました。
村屋では休憩もできるのでゆゅくり散策もいいでしょう。

又、那覇市街地のほぼ中心地にある牧志第ー公設市場も
観光客や沖縄移住者からも人気のスポットです。

精肉、鮮魚、青果などあらゆる物が揃っており、
那覇庶民の台所として戦後の沖縄の家庭を支えて来ました。
沖縄ならではの食材が所狭しと並び、沖縄の食文化垣間見る場所です。

さらに沖縄移住者に人気の場所があります。
那覇市の西側に広がる「波之上ビーチ」です。
那覇市唯一の海水浴場で、地元民を始め沖縄移住者も共に楽しめます。

又、那覇市の新しい街「新都心」地区に2,004年にオープンした
DFSギャラリア沖縄は海外旅行者のみに限定されていた免税メリットを
国内旅行者にも与えると言う沖縄型特定免税店制度です。

沖縄の那覇空港から国内線、国際線を利用して県外、海外へ出発するなら
誰でも有名ブランド品を最大30%引きで買えますので
観光客からも沖縄移住者からも好評のお店です。

それから観光客が増えたり
沖縄移住のキッカケになったのが「国際通り」です。

全長1.6kmの国際通りは奇跡の1マイルと呼ばれる程、
第2次世界大戦で焼け野原となった沖縄復興の象徴となりました。
那覇空港から約15分位で観光客が賑わう商店街となっています。

又、沖縄県で主催される人気の催事や
パレードは殆ど国際通りで行なわれます。

それから毎週日曜日に施行されている
歩行者天国は非常にぎわっています。

その他、那覇ハーレーや那覇大綱引き、エイサー大会等
沖縄でしか見られないイベントが目白押しであることも
沖縄移住の呼び水になっています。

それから沖縄は食文化でも内地とは一味違う特徴を持っています。
沖縄そばを始めチャンプルー料理、琉球料理、
その他ステーキも安くてボリュームがあるのも沖縄ならではであります。

泡盛、古酒なども沖縄独特のお酒で人気があります。
那覇市にはこのようなグルメを楽しめるお店がいっぱいあって飽きません。
沖縄移住を楽しむなら総合的見地から、やっぱり那覇市が1番と思います。

沖縄移住を真剣に考えるとまず安定した仕事に就くことです。
仕事の求人の種類、仕事の絶対量が多いのが那覇市です。
県都である那覇市の市民は約30万人です。那覇市はもとより県庁がありますから、
総合事務局を始めありとあらゆる国の出先機関が沢山あります。
それに伴い内地の大企業、中堅・中小企業・商社等枚挙に暇がないほどあります。

当然それらに関わる仕事場が存在する事になります。
正社員の仕事もあれば非正規社員の仕事もあります。




§関連するトピックス§