§関連するトピックス§

沖縄移住:宜野湾市

沖縄移住するなら宜野湾市

宜野湾市は普天間飛行場の移転問題で全国に知れ渡っています。

市の中央部に広大な面積の飛行場が戦後直ぐに占領し、
その周辺をドーナツ状に住民が住み着いて街が形成された
全国で最もいびつな形をした街になっています。

この宜野湾市の幹線の一つの国道330号線沿いには「中古車街道」
と称され程車屋さんが何キロも軒を並べています。

又もう一つの幹線の国道58号線沿いには30年以上前に栄えた
外人相手の家具店が今尚残っています。しかし、店や街の形態は、
明らかに衰退していて時代の流れを感じます。

宜野湾市は那覇市、浦添市にも北谷町、西原町、中城村へも
交通アクセスがとっても優れた地域です。

しかし市の西側の海沿いの区画整理地域には理想的な街があります。
その中心の核となっているのが沖縄コンベンションセンターです。
沖縄県主催のイベントをはじめ、沖縄の大きなイベントは殆ど
このコンベンションセンターで行われています。

この周辺は宜野湾市の海浜公園で人気の公園ですが、
その中心が今や誰でも知っているトロピカルビーチです。

子供を海水浴させるのにわざわざ北部まで行かなくて済みます。
青い空、青い海、白い砂浜を見ながら気の合う仲間たちや、
家族でするバーベキューはこれまた格別ですよ。

さらに屋外音楽堂では年何回も県内外のミュージシャンが
コンサートを開催して賑わっています。

さらに宜野湾市ならではの特別のいいところがあります。
それは海浜公園の隣にラグナガーデンホテルのことです。

このホテルには年中泳げる室内の温水プールがあります。
海での日焼けを避けたい主婦達が子供を連れて来ています。
更にそれほど高くない食べ放題も気軽に利用できます。
ラウンジでコーヒーを飲む時にはセレブ感も味わえます。

この区画整理地区の真志喜地区と宇地泊地区は住環境が
いいのでマンションやアパートが林立しています。

この一帯は海が見える領域を超えて海が満喫出来る地域です。
これから海が見えるマンションを考えている方は宜野湾市の
この一帯を検討されては如何でしょうか。


沖縄移住を宜野湾市で考える方へ仕事について

宜野湾市においても浦添市と同様、仕事となると那覇市に通勤するのが普通です。
宜野湾市に仕事が無いのではなく、仕事の職種と求人数が絶対量少ないというだけです。


病院・老人保健施設や歯科医院等があれば、医療・福祉系の仕事があります。
病院関係では看護婦、レントゲン技師、歯科衛生士等の医療関係の仕事があります。
医療事務、調剤薬局事務、介護事務等の関連する仕事もあります。
老人保健施設等では介護福祉士、ケアマネージャー、介護人、管理栄養士の仕事もあります。

今後公共事業の仕事が増えてくれば、土木技師・建築技師・電気技師の仕事も増えて来ます。
勿論それに直接関連する作業員の仕事や間接的に関連する会社の仕事も増えて行きます。
宜野湾市の区画整理された西海岸地域は、大型ショッピングセンターが何店も出来ました。
それらのお店でも沢山の求人が必要とされますから、仕事は沢山発生して来ます。

美容室やエステサロンもありますからそれの仕事もあります。
居酒屋を始め飲食関係のお店も至る所にありますから当然仕事もあります。
一般的に沖縄は仕事が無いと言われますが、仕事が無いのではなく、
給与が高い仕事が無いと言うことです。高い給与を貰うには自分のスキルを高める事です。
或いは、ある程度資金を貯めてから独立して起業・開業をしてみては如何ですか。

 沖縄移住を考える方が、東日本大震災後さらに増えているように思います。しかし、沖縄に行ったものの自分に合った仕事に就けず移住計画を断念し、島を後にされる方も沢山いらっしゃるのも事実です。



 宜野湾市で 海が見える 土地・売り地 を探す


浦添市に続く市が宜野湾市です。
宜野湾市は日本中誰も知らない人がいない普天間飛行場基地がある街です。
市街地のど真ん中を細長い飛行場が戦後から67年も存在しています。
輸送機の離発着時、オスプレイの離発着時に騒音を出します。

しかし、沖縄移住者が結構多くいます。人気のあるのが中古の外人住宅です。
土地が借地ですので約1000万円位で、意外と安価です。
4LDKで35~40坪位、築50年の平屋建てですが、土地が100~150坪位で庭が魅力のあるところです。

宜野湾市も海岸側から丘陸地ではありますが、その最高部の土地(地域)が普天間飛行場の基地です。
その麓は大山という地域(土地)からは海が見える所・土地があります。

海が見えて緑が多いこの一帯は、一昔二昔には外人が沢山住まわれていました。
そのせいで外人住宅があります。立替えられた建物もありますが、まだまだ残っています。
その地域・土地にも沖縄移住者が住まわれています。

大謝名交差点から真栄原交差点を結ぶ県道34号線は傾斜地をなしています。
上大謝名と呼ばれるこの一帯も高台で海が見えます。そしてかっては外人が住んでいました。

宜野湾市は基地が隣接していたせいもあって、外人住宅が沢山造られました。
築50年を経た住宅ですが庭が広く取られていてしかも借地ですので価格が安いので人気があります。

伊佐交差点から普天間へ上る県道81号線の坂道辺りも海が見える地域・土地です。
ここには手頃間のマンションがあります。高台ですので1階からでも海が見えます。
沖縄移住を考えられる方で海が見える土地・売り地を探すなら宜野湾市もいいと思います。

沖縄移住者に人気のある地域・土地が既に区画整備が済み、
沖縄コンベンションセンター・トロピカルビーチがある宜野湾海浜公園がある真志喜地区です。

当一帯は学校・公園・病院・スーパー等の住環境が優れています。
那覇市への通勤・中北部への交通アクセスも優れています。
分譲マンション、賃貸アパートもたくさん建てられ、沖縄移住者も沢山住まわれています。

この一帯のマンション・アパートの上階部からは海が見える所が結構あります。
さらに隣接地域・土地では公共の区画整理事業や民間のマンション・アパート建設が盛んです。
沖縄移住者も結構増えています。この一帯は土地・売り地はありますが高値で取引されています。

この一帯は海が見えると言うより海が近いビーチが近いことで知られています。
最近コンベンションショッピングセンターの大型店が開店し、ますます発展していく地域・土地であります。

都会から来られた沖縄移住者は、那覇市や浦添市の喧騒地を避ける方が多いです。
出来れば読谷村・恩納村辺りで海が見える自然が残っている地域・土地で住みたいと思っていますが、
子供の学校、仕事ととの関係からそうはいけません。そういう方々は宜野湾市ならマアいいと言います・

そのせいもあってか、現在宜野湾市には沖縄移住者が沢山住まわれています。
宜野湾市はこれからも沖縄移住者が増えて行く地域・土地かもしれません。

§関連するトピックス§