§関連するトピックス§

沖縄移住:読谷村

沖縄移住するなら読谷村 

沖縄本島中部地域の西海岸に面します。
恩納村を通って北部へ行くには国道58号線で30~40分位です。

北谷町、沖縄市までもアクセスがよく、自然も程よく残っていて
沖縄移住者からも人気の村です。

沖縄観光のおみやげとしてのお菓子「紅芋」も有名になっています。

読谷村の名所と言えばやはり「残波岬」です。
この岬は断崖絶壁で北からの荒波で形成されたもので男性的です。
釣りの名所で何時でも釣り人がいます。
予期せぬ荒波が来たりするので危険でもあります。

岬から東シナ海に沈むサンセットは喩えようがない美しさです。
岬の灯台の上からの景色は深海の濃い青ですがこれまた美しいです。

この村の西側はなだらかな丘陵地になっていて何処からでも
サンセットが望める地域が広がり
特に沖縄移住者からは人気があります。

既にたくさんの沖縄移住者が生活をしています。
これから沖縄移住を考える方は検討に値する村です。



読谷村で 海が見える 土地・売り地 を探すなら

嘉手納町を過ぎて国道58号線を北上する読谷村です。

読谷村も国道58号線を挟んで、右側にも広大な土地がありますが、45%は米軍施設に占領されています。
しかし、国道の左側、西海岸に面する地域は広大な土地が広がっています。
読谷村には、軍用地に占有されて住む土地がない嘉手納町の方々が読谷村に住んでいます。

読谷村は天然の美しいビーチが多く残っており県道から村道に一歩入ると畑が広がりのどかです。
世界遺産の座気味城跡や、陶芸家が集まるやちむんの里があり、自然・歴史・文化などを身近に感じます。
読谷村は海岸から緩かな丘陸の土地になっており住宅地から海が見える地域・土地が至る所にあります。

しかしその土地が売り地かは別問題ですが、探す価値は充分にあります。

楚辺・都屋一帯の海が見える土地は地元の住民の住居で一杯です。
波平一帯は県道から村道に入ると田園と海が見える土地が広がります。
海が見える土地に新しいオシャレな建物も建っていています。売り地の看板も見えます。

高志保・渡慶次一帯は海岸からの緩やかな海が見える土地にオシャレな家が沢山出来ています。
沖縄移住者が既に毎日海が見える土地で夢を叶え暮らしています。
学校・スーパーも近く生活も不自由を感じません。

瀬名波・長浜一帯の傾斜地の土地にも中古住宅を買っては建て変えて暮らしています。
読谷村は東シナ海に面し、風光明美の農村地帯でしたが最近住宅地が相当増えてきました。
沖縄移住者も大分増えました。沖縄に住みたい地域のベスト3に入る好評の地域・土地です。

読谷村の村内を横断する幹線である県道6号線沿い楚辺にはサンエー、隣の都屋にはマックスバリュー、
波平にはかねひで等があり生活の不便を感じない地域(土地)に変わってきました。
沖縄移住で海が見える土地に一戸建てを考えられる方には持って来いのいい地域・土地と言えましょう。

 


§関連するトピックス§