§関連するトピックス§

沖縄移住:今帰仁村

沖縄移住するなら今帰仁村

今帰仁村は沖縄本島の北部で本部半島の北側に位置します。
人口は約9,500人で農業等が主産業になります。

今帰仁村と言えば最も有名なのは世界遺産である今帰仁城跡です。

世界遺産登録されている今帰仁城跡


今帰仁城跡からの眺め


近年では毎年桜開花のシーズン(1月下旬~2月上旬頃)には、今帰仁城跡に咲き乱れる桜の花々を、城跡ごとダイナミックにライトアップしたイルミネーションが人気を呼んでいる。



また今帰仁村といえば乙羽岳(おっぱだけ)が有名です。
またこの山のふもとで生産されている「おっぱ牛乳」は一日限定600パックという限定ではありますが、
今帰仁の特産物あり、その甘みのある風味が地元住民はもちろん、観光客からも愛されています。

おっぱ牛乳(生産:おっぱ乳業)
1日限定数のみ生産のため、沖縄県内でも販売店舗は少なく、飲んだことのない県民も多いが一度飲むとその甘い風味がやみつきになる。



県内各地にはおっぱ牛乳を使用したソフトクリームや、沖縄らしいフルーツなどを使用したオキナワンジェラートも販売されている。初めは定番のミルク味、2回目以降は各々のユニークなテイストを楽しむのも◎!


さてここでふと気になるのが、上記の牛乳パックの473mlという中途半端な内容量ですが、
この数字にも沖縄ならではの文化背景が見えてくるのです。

これはおっぱ牛乳に限ったことではなく、沖縄で市販されている牛乳パックのほとんどが946ml、473mlといった半端な容量になっています。これは沖縄がアメリカに統治されていた名残で、アメリカで使われているポンドヤード法の単位・1クオートがメートル法の946mlに相当するためです。
そして、1クオートのハーフサイズが473mlパック、さらにそのハーフサイズが237mlパックになっているのです。

県民にとってはごく当たり前で気が付きにくいことであっても、
本土から移住されてきた方々にとっては、日常の中にも様々な沖縄の発見があるかもしれませんね!

また、今帰仁の東に位置する古宇利島は、その息を呑むほどのエメラルドブルーの中を一直線に走る古宇利大橋をメインに、今や沖縄観光の名所となっています。
この橋は屋我地島と古宇利島を繋ぐものですが、橋に差し掛かる直前まで坂道を登るので、
その頂上に到達した際に広がる青一色の風景は圧巻です。

古宇利大橋: 地元の人であっても毎回感動を覚えるほどの青さが広がる。




地元県民もドライブコースに多く訪れる古宇利島。
夜は星もよく見える。




また古宇利島の近くには、伊是名島と伊平屋島の離島航路を繋ぐ運天港があり、
今帰仁は各島のアクセス拠点にもなっています。


海岸沿いにはいくつかのリゾートホテルもあり、この村は意外と平坦の平野が広がっているのが特徴でしょう。

今帰仁村はゆったり暮らしたい沖縄移住者向きの地域かもしれません。



今帰仁村道の駅: スイカが名産の今帰仁村。
夏にはたくさんの今帰仁産スイカがお中元に出回る。

 

沖縄は本島を始め、離島も殆どが珊瑚礁の上に出来た島です。
浅の海岸は珊瑚礁で出来ています。

その珊瑚礁の凸凹が、太陽の光の屈折により美しいエメラルドグリーンの色を映し出し、
誰をも魅了するあの沖縄の青い海を彩っています。


地元の人は日々見慣れた海ですから海が見える所に拘りませんが、
本土から観光にいらした方の大半の方は、食事をするにしても、
宿泊をするにしても、とにかく沖縄の青い海が見える所に拘ります。


本土の方をターゲットにお店を出すのなら、
海が見えるオーシャンビューの立地で開店するのが、成功のキーワードのひとつ
であります。


その代表例のひとつとして挙げられるのが、やんばる・本部町にある海の見える山頂カフェです。

 メニューとしてはピザ一品とドリンクいうシンプルなものの、その高台から見渡せる青い海と、
夕暮れ時には地平線までしっかり見ることのできるサンセットの
沖縄ならではの自然を生かした付加価値により話題性を生み、
お客さんは県内外、はたまた国外から常に引っ切り無しにやって来ます。


また、「海カフェ(海の見えるカフェ)」が数多いことで有名な南城市でも、傾斜を生かした立地で、
目の前を遮るものが無い全面オーシャンビューのカフェや民宿が数多く繁盛しています。


そして、ここ近年で開店したお店の中でも印象強いのが、読谷村にあるパンケーキ専門店。

「東京で大ヒットしたパンケーキ」 × 沖縄ならではの「外国人住宅」を融合させたカフェを開き、
県内での物珍しさから地元の人も多く訪れる有名店になりました。

 


これら有名繁盛店は沖縄の特性を知り尽くした地元のオーナー様はもちろんながら、

県外から移住してきた後、開店。県外出身者ならではの独自の発想と、
“沖縄にこういう物があれば人受けするかもしれない”といった、

沖縄に今までになかった新しい風を取り入れることで、
大成功を収めている「県外出身オーナー」の方も多い事も事実なのです。


沖縄で評判のラーメン店のオーナー様、実は本土出身者の方が数多く経営されています。

その他、エステサロン美容室等においてもやはり本土の方がご活躍されています。

沖縄移住後、お店を開いて成功している事例は枚挙に暇があり





沖縄移住するなら起業をしよう(その2)
沖縄で起業した人に話を聞いていると、内地の県外から来た人には、
よそ者ならではの視点なり視野なりがあり、沖縄の良さも悪さもよく分かり
その良さを活かして仕事ができて成功しているということがわかります。
日本人が海外を体験すると日本の問題点が見えてくるのと言われる事と似ています。
確かに沖縄の一般の仕事の給与水準は低く、労働時間は長いと言われます。
沖縄移住者の殆どは、長時間安い給料で働いて、こんなはずではなかったとボヤく事でしょう。
就きたい仕事に何か特別のスキルがあれば、沖縄の仕事おいても厚遇の仕事に就けますが、
それが無ければ、沖縄の仕事でも類似県の仕事でも待遇は余り変わらないのではないでしょうか。
内地の大都会での仕事とでは勿論待遇が相当違うのは明らかでしょう。
そこでの仕事の給与やバイト代は高いが、家賃を始め生活費も相当高くなるはずです。
それに仕事の厳しさも沖縄の比ではありません。
一般的に自分の仕事とそれに対する報酬が満足な人はほんの一握りです。
沖縄に仕事は無いとか、沖縄の仕事は安すぎるとか愚痴ってもどうしようもありません。
既に沖縄移住をなされている方やこれから沖縄移住を考えられる方も、
どうせ仕事をしても待遇で満足する事はないでしょう。
そこでこの際雇われるのを卒業して、独立して起業起こしてはどうでしょうか。
今まで会社に雇われ定期的に給与を貰い、不満ながらも何とか生活して来た経営の素人に、
いきなり独立して起業を起こすと言う事はかなり抵抗感があるとは思います。
どんな職種でも1人で独立して起業を起こすには大変なリスクがあります。、
いいことばかりではありません。むしろ大変な苦労が待ち構えていると言ったほうが良いでしょう。
しかし、それでも独立して起業を勧めるにはそれなりの理由があります。
それは自分自身が大きく変わるチャンスだからです。
起業する事によって自分の能力、可能性を試す事が出来るからです。
ところで沖縄県の人口は遂に140万人を越えました。
少子高齢化が進む中 沖縄県は毎年増えています。
一方、観光客は平成24年度は590万人を超しました。
沖縄県が掲げる当面の目標600万人に後一歩迄迫っています。
沖縄の方にしろ、移住者にしろ沖縄で起業を起こそうと考えるならまず市場を考えるべきです。
沖縄県の県内マーケットのパイは140万人で限られています。
それに対して沖縄を訪ねる観光客は年間590万人もいます。
マーケット規模の違いは明らかです。およそ5倍です。
県内の140万人に対して価格勝負での商売をやるのは厳しくなります。
内地の県外出身者が本当の意味での自分の特性を生かせるのは、
590万人の観光客であり、その背後にある本土マーケットではないでしょうか。
沖縄のリソースを使って、どこに売るかという視点でビジネスを捉えると、
今まで気づかなかった沖縄の一面が一層見えてくるのではないでしょうか。
今や完全にネットの世界になりました。
IT技術の発達により、広告宣伝が大きな資金を必要としなくなりました。
消費者が必要とする良いもであれば日本中はおろか世界中までターゲットになります。
物販の販売においても距離の近い遠いは余り影響が無くなりました。
沖縄県の590万人の観光客の先には、1億2500万人の本土マーケットが広がっています。
那覇の街を歩くと、何でも揃っている内地の都会のように見えます。
それでも、やはり内地にあって沖縄にないものが一杯あります。
そのすき間に商売が出来るチャンスにいち早く気づくのが県外から来沖したナイチャーです。
起業と言っても大きな話ではなく1人で無理しない範囲で飲食店を開くのも立派な起業です。
勝手が知らない見ず知らずの沖縄でお店を開くと言ってもそんな難しい事ではありません。
沖縄には既に何万人も沖縄移住をなされている方がいます。アフリカに行くのとは違います。
それに地元の沖縄の方より観光客の方が5倍もいるのです。
例えば、国際通りからから歩く人は90%が内地の方なのですよ。
海が見える観光地でも、那覇空港でも95%位が観光客なのです。
それに沖縄では英語は殆どの方が使いません。沖縄ではウチナーグチを使います。
内地の方には意味が分かるように標準語に似た言葉を使いますから困りません。
殆どの沖縄の方は、内地の方だからと言って特別意識はしません。
沖縄では特に飲食店関係のお店をなされている方が目立ちます。
那覇市を始め浦添市、宜野湾市、沖縄市などは勿論ですが、
観光客に非常に人気のある北谷町のハンビータウンは相当の方がお店をなされています。
沖縄移住者から海の見える所で人気の読谷村、恩納村も内地の方のお店が結構あります。
ヤンバル(山原)と言われる北部の方でも名護市を始め本部町、今帰仁村、大宜味村、
最北端の国頭村までも海の近くか、海の見える所に沢山の方のお店があります。
南部の南城市でも海は見えるが、一見不便で探しにくい至る所にあります。
そして沖縄の人にとっては不思議な事に、殆どのお店が繁盛しているのです。
自分がは大して美味しいとは思わない店でやはり繁盛しています。
観光客がレンターカーのカーナビを活用して押しかけて来ます。
それに比べ、地元沖縄の方のお店は寂しい限りです。
一言で言うと内地の方は商売「上手」で、沖縄の方は「下手」です。
2年前の3.11の東北のマグネチュード9の超大地震後、日本の地殻が変動したと言われます。
そしてそれに伴う余震がまる2年が過ぎても毎日何十回も続いています。
しかもこの余震は今後10年以上続く可能性があると言われます。
有感地震が殆どない沖縄の方では考えられません。又、復旧・復興も相当遅れています。
それに原発事故による福島県の放射能汚染地区の住民の避難生活等も考えられません。
そればかりか、ここ何十年かで起こる確率が非常に高いと言われる、東海・南海・東南海の
3連動地震が起こった場合、3.11の東北の超大地震級津波が東海・四国地方に襲って来ます。
短時間で襲って来ますので逃げる時間がありません。しかも何時来るか予測できません。
何十万人の犠牲者が想定されます。何時人生が終わるかも知れないのです。
何百万棟の家屋を始め社会的インフラが一瞬に破壊・喪失します。
そんな心配をするのに比べたら沖縄移住の不安は全く話しになりません。
沖縄移住することをお勧め致します。沖縄で起業して新たな生活の場を築いてみませんか。
余り資金を掛けないで飲食関係のお店を開店する事をお勧めすると共に繁盛をお手伝いいたします。
居抜き店舗でスタート出来ればリスクは非常に低くなります。
内地の方が良く言うには、沖縄の方は沖縄の良さをまだまだ活かしきれてないと言います。
商売におけるさまざまなサービスも全然足りなくそれだけ伸びしろがあるといいます。
特に、本土のリッチ層向けの商品サービスはまだまだだそうです。
商売において他店との差別化も、商売が成功する大切な要素です。
沖縄で自分の店を持ちたいという沖縄移住希望者も多いはずです。
特に飲食店のお店の入れ替わりが激しく、中途半端な店はすぐに淘汰されてしまいます。
でも、店舗の賃貸料等が大都市に比べると安いのは魅力です。
やり方によっては開店資金が都内の半額以下で収まる場合もあります。
商売する業種、業態のコンセプトを明確にしエリアマーケティングをしっかり考え、
観光客も地元リピーターも来てくれる店を作ることができたら繁盛するお店ができるでしょう。
インターネットは沖縄経済をひっぱるツールです。
今はインターネットの時代です。それは物理的な距離を無くしてしまいます。
一方、沖縄はこれからまだまだ伸びる力も素材も潜在的なポテンシャルを持ち合わせた地域です。
そしてインターネットはこれからの沖縄経済発展に欠かせない流通を加速させるツールです。
電子商取引市場規模は、100兆円を突破する勢いです。
沖縄でも経済のけん引役として、インターネットに大いに期待しています。
沖縄県では集中的にインフラ整備や企業誘致を進めた結果、
コールセンターやバックアップセンター等の企業が沢山進出して来ました。
沖縄の場合、内地の都会からは物理的に遠い距離にあります。
地域格差を埋めるインターネットは絶対使うべきツールです。
わないテはない技術です。逆に、ITに
おける沖縄の優位性は何でしょうか?
沖縄の優位性は本土と違い沖縄は独自性が高い地域だからです。ソフト面で沖縄は強いと思います。
例えばEC(イーコマース)、ネット通販で言うと独自性を持つ商品は、売りやすいのです。
沖縄には、本土の方がまだまだ知らない、売れるものがたくさんあります。
だけど売る側である沖縄の企業のECへの取り組みはまだまだなのが現状です。
沖縄のEC市場は約1000サイトで月商約1~2億程度と推定されます。
北海道では、カニだけで年間20億円売る会社もあります。
平成24年の観光客数で見ると、北海道は年間650万人ですが、沖縄は年間590万人です。
観光客数と観光消費額から見ても、沖縄の潜在的な成長していく市場はまだまだあります。
ITは沖縄経済の成長を発展させるツールです。大いに活用したいもので

 


 

 


今帰仁村で 海が見える 土地・売り地 を探す

今帰仁村は本部半島の北に位置し本部町・名護市と、北に東シナ海と接し古宇利島を含む地域土地です。
羽地内海は風光明媚な地域・土地で眺めが美しい事で知れています。冬は北風が強い地域・土地なので
今泊に代表されるフクギや松などの防風林が発達した地域・土地で知られます。

畑中心の地域で野菜と花卉の生産が多い事が特徴です。今帰仁産スイカはブランド化され知れています。
今帰仁城は世界遺産に登録されています。

古宇利大橋の開通で小さな島のい土地に多くの観光客が訪れるようになりました。
運天港は離島との架け橋でそこからは伊平屋村と伊是名村へ毎日フェリーが出ています。

今帰仁村の行政区は19地区ありますが県道505線を挟んで山手側の傾斜地の土地からは海が見えます。
村内の土地には既に数多くの沖縄移住者が暮らしています。古宇利島の土地にも沖縄移住者は暮らしていますが、最近定職を持たないヒッピー的な若者が増えてきて島の風紀を乱しています。
今帰仁村への移住は就農の方は向くと思います。

§関連するトピックス§