§関連するトピックス§

沖縄移住:南城市

沖縄移住するなら南城市

南城市は玉城村、知念村、佐敷町、大里村の4町村が合併して
出来た、誕生間もない新しい「市」です。
人口は約4万人ですが面積が広いので人口密度は低いです。

南城市は地形的には内陸側は農業が主産業です。
海に面する海岸側は漁業関係等が盛んです。

南城市は沖縄本島の中でも綺麗な海が見える所として
観光客や沖縄移住者からも非常に人気があります。

南城市には世界遺産に登録された「斎場御嶽」(さいふあうたき)や
信仰の島「久高島」が知られています。

しかし、若い観光客には浜が綺麗な「こまか島」の方が知られています。
さらに山頂から太平洋を見下ろす景色が絶賛され、食事が美味しいと
観光客から人気のあるレストラン「くるくま」もあります。

そして海と一体感になれて心が癒されると言われる、
浜辺に建てられた「浜辺の茶屋」もあります。

最後に沖縄で観光客が必ず訪れる所がおきなわワールドと玉泉洞です。
ハブとマングースの決闘や沖縄の勇敢なエイサーが見られます。
鍾乳洞どを見ると何千年の時の流れを実感いたします。

海が見える地域が多い南城市は観光客や
沖縄移住者からも非常に人気があります。

又、南城市は今後さらに発展する為に
市独自の都市計画を策定しています。

どこでも建築が出来るように、
今まで制限の多かった市街化調整区域を
見直し、それらを非線引き区域にしています。

それからしても沖縄移住を考えられる方々が
もっともっと増えて来ると思われます。
まさに南城市はこれから沖縄移住を考えるに値する地域です。




南城市で 海が見える土地・売り地を探す

南城市は佐敷町・知念村・玉城村・大里村の4町村が2006(平成18)年に合併して出来ました。
隔して南城市は南部地域ではダントツの面積を誇るようになりました。
南城市は制へ移行したのを契機に、平成22年度に新しく南城市独自の都市計画を策定しました。

町村から南城市に変って私たちの生活に何が1番変ったカと言うと、
建築制限が厳しかった市街化調整区域が、相当面積が建築制限が緩和される非線引区域に変更され、
開発行為や建築行為が大分緩和されるようになりました。
そのおかげで今から地元の方を始め沖縄移住者の土地購入と共に住宅建築が盛んになって来るでしょう。

南城市・佐敷津波古には馬天港があります。馬天は南部の玄関口として栄えていました。
この一帯の土地は海抜が低く 海が見えると言うより海が近いと言う感じです。
最近、この土地にマックスバリューが出来、沖縄メデイカル病院も造られました。

そして、海が見える地域・土地に住宅も段々建設されるようになって来ました。
佐敷新開の埋立地の土地も海抜が低く、海が見えると言うより海が近いと言えましょう。
この一帯の地域・土地には30年以上前から地元の方の住宅が張り付いています。
ですから、この一帯の土地には沖縄移住者は余り見受けられません。

佐敷の地形・土地の形状は中城湾を望む海岸から海抜が低い土地の平坦部が麓まで続きます。
麓からは急勾配の斜面の原野になっています。そして頂上は平坦な土地・台地をなしています。
佐敷から平坦な土地の中を国道331号線の道路が1本知念まで続いて行きます。

佐敷新里・佐敷兼久・佐敷佐敷・佐敷手登根・佐敷屋比久まで同じ地形・土地の形状をなしています。
麓の土地からは海は見えますが、沖縄移住者が求める青い海が見える条件を満たしません。
よってこの一帯の土地には、沖縄移住者は余り住んではいません。

さらに同じような地形・土地が知念久原・知念海野・知念知名まで続きます。
この一帯の土地では 海は見えると言うより海は庭と言う位近くになって来ます。
知念安座間には、あざまサンサンビーチ・知念海洋レジャーセンターが人気スポットです。

この一帯の土地から地形が急に変ってきます。海岸から平坦部の土地が少なくなります。
麓から急勾配の断崖状の地形・土地をなしています。従って国道も山腹の地形・土地を上って行きます。
すると急に 海が見えるというより 海が見える視界が広がっていきます。

この辺りからは海抜50~60m位ありますからどの場所・土地からでも海がみえます。
沖縄移住者が求める青い空・青い海が一体になった綺麗な海が見えます。
するとそこの場所・土地には沖縄移住者が経営するカフェがぽつぽつ見えてきます。

地元の人では考えない原野の土地に建てられています。
土地の単価は坪5万円位の土地でしょう。
その店内はパノラマに広がる海が見えるように席が配置されていてお客さんが一杯です。
勿論観光客ですが、次から次と押し寄せるようにやって来ます。私達地元の人からは不思議な光景です。

その一帯には南城市が誇れる絶景の地があります。知念久手堅の岬公園のなかに知念岬です。
海抜70~80mの断崖からの270度に広がるコバルトブルーの青い海と青い空の大パノラマです。
沖縄は海が綺麗な所・土地は、本島北部・離島・宮古・八重山も含めると枚挙に暇がないほどありますが、
さしずめ南部地区では№1の眺望でしよう。

南城市には世界遺産に登録された斎場御獄(セーファーウタキ)と称する聖地の場所・土地があります。
そこからは神の島と言われる久高島が望めます。この土地では感性が鋭い方は何かを感じるかも知れません。

南城市の旧知念村の久手堅から吉冨・知念・久手堅・山里・一帯の土地からは何処からでも海が見えます。
地元の殆どの家・土地から海が見えます。海が見える土地の比較があれば沖縄有数の地域・土地でしょう。
又、業者によって海が見える原野の土地で、開発行為が行なわれている所・土地・建売住宅があります。

どの土地・建物からも海が見えるように設計されているので発売と同時に完売いたします。
買われる方は海が見える土地にこだわる沖縄移住者が殆どです。

又、地元の方には何がしかの事情があって住宅を手放される方もいらっしゃいます。
沖縄移住者の中にはこれらの中古一戸建て住宅買い、リフォームして住まわれている方も結構います。
当然、海が見える条件の土地・家です。この方が土地・住宅を安く入手出来ると思います。

南城市の旧玉城村の百名一帯の地域・土地には新原ビーチ・百名ビーチがあります。
この地域・土地もやはり何処からでも海が見える景勝地で人気の地域・土地です。
海が見える所・土地には既に沢山の沖縄移住者がいます。

この地域・土地にはスローライフ・癒しの草分けの浜辺の茶屋が有名です。
この浜辺の茶屋は店名の通りで浜辺の中に造られています。引き潮の際は浜辺に降りられます。
今や観光マップに載らないことは無い位観光ルートになっています。
観光客が次から次に押し寄せてきます。

そして、すぐ近くに宮本亜門さんの居宅が出来て益々名が知れるようになりました。
宮本亜門さんのリビングからは水平線の海が低く海と一体感をなし、海の中にいる感がします。
その様なお家がこの地域・土地では可能になるのです。しかも、土地の価格も5・6万円位です。
まさに海が見える土地に住みたい沖縄移住者には夢がかなえられるちいき・土地なのです。

南城市の海が見える地域・土地の最終地は玉城の奥武島です。この島は長崎の出島みたいな島です。
周囲が海抜2・3mの土地ですから海と一体感が味わえますが沖縄移住者は殆どいません。
沖縄移住者は奥武島と海が見える高台の地域・土地にすんでいます。

南城市の全てが海が見える処・土地では勿論ありません。
むしろ海が見えない地域・土地が断然多いのです。
玉城の内陸部は砂糖キビ畑と畑だけしか見えません。
旧大里村に至っては何処からも海は見えないと言っても過言ではありません。


南城市には沖縄移住者が経営して繁盛しているお店が沢山あります。
お店はそれぞれ個性的なお店ばかりですが、これらのお店には共通点があります。
それは海が見える地域・場所・土地に造られていると言う事です。

知念久手堅265の海が見える場所・土地にはペンション・茶屋の海日和と言うお店があります。
まばゆい空と青い海が見える光景は一枚の絵画の様にかんじられます。
知念吉富の小高い丘の海が見える処・土地にはスペイン瓦のオシャレな洋館カフェが目立ちます。
木目調で落ち着いたテラス席からは眼下に青い海が見えます。知念岬とコマカ島・久高島が見えます。
海を見ながらヘルシイーランチは至福の時になります。お店の名前は「オリーブの木」といいます。

知念久手堅の海岸沿いには、赤い屋根のログハウスで造られた喫茶・ペンションのお店があります。
店名は「ポランのひろば」と言います。
海が見えるというより目線の高さで久高島と海が見えるスローフードカフェのお店です。

国道から吉富を右折して県道86号線は海抜150mの山頂へニナイ・カナイ大橋が架けられています。
その橋を登る際・下る際 絶景の海が見えます。この橋の上から眺める海は格別です。
水平線を眺めると地球が丸い事を実感します。

ニナイ・カナイの大橋を登り切った山頂は平坦な台地状な地形・土地になっています。
そこから車で5・6分走って畑の中を抜けるた処・土地に太平洋を見下ろす断崖絶壁の景勝地があります。
それが観光客から超人気のお店・カフェレストラン「くるくま」です。

観光客が引っ切り無しに押し寄せてきます。昼食時は20~30分待つ場合もあります。
海が見えるテラスから食べるタイ料理はボリュームがあって適正な価格で好評です。
水平線を見ていると海が丸いんだと実感します。
深海の青い波がリーフで砕波し白く泡立ちますそして珊瑚礁の上を小さな波が海岸に押し寄せていきます。
こんな何でもない沖縄の海の光景が内地では見られないので感動的に写るんでしょうか。

くるくまの近くの処・土地にも同じような海の見えるカフェ・八風畑(ヤフウバタケ)があります。
自然に生えている木々を活かしてあらゆる処から海が見えるようにされています。

玉城垣花8-1の案内し難い地域・土地に自然をの地形と樹木を活かしたカフェ・風樹と言うお店があります。
急斜面の崖にログハウス造りの2階だてですが、自然の木々の緑の間から海が見えるように工夫されています。
海が見えて木々の緑と吹き上げてくる涼風を体感させるお店です。

辺ぴな田舎の処・土地にカーナビを道案内に観光客が押し寄せてきます。
まさにインターネットの時代になった事を実感させられます。





沖縄で海が見える 土地・売り地を探す


沖縄移住を考えておられる殆どの方が、海が見える土地・場所を希望しています。
沖縄はやや北南に縦長い形状をした島になっています。
沖縄は珊瑚礁が隆起して出来た島です。

内地のように山がありません。山と言っても一番高い山は与那原岳で標高503mです。
400~500mクラスの高い山は、山原(やんばる)と称される北部に存在します。

中部から南部にかけては標高200m内の丘陸地状になっています。
海岸からゆるやかに丘陸地ですから海が見える土地・売り地は至る所にあります。


沖縄移住を考える方が、海が見える土地に住みたいと思うように
沖縄の地元の方も、海が見える土地に住みたいという思いは一緒です。
ただ違いは、沖縄移住を考える方は海が見える土地にこだわりが強いところです。
沖縄では10分も車を走らせれば海は見えます。ですから海が見える土地に余りこだわりません。

沖縄も人口の増加に伴い、都市計画・区画整理事業港湾計画等によって
土地造成で海岸部分が続々と埋め立てられ今日の街を造ってきました。

南部の南城市の東側(知念から玉城・)地域を残して、中南部の海岸は殆ど埋め立てされ尽くされました。
ですから、自然の海岸が残っている土地・売り地は東シナ海岸では読谷村恩納村以北にしかありません。
東の太平洋側は、山原地域に入る宜野座村以北になります。


これから沖縄移住を考えられる方が海が見える土地・売り地を那覇市から市町村別に述べてみます。 
まずは沖縄移住者が一番多い那覇市ですが、



那覇市で 海が見える 土地・売り地 を探す

地形は市街地から緩やかな丘陸地を成しています。
海が見える土地・売り地となりますと、首里一帯の大名・末吉・宜保・桃原・山川・金城・寒川・崎山でしょう。
この海が見える高台で遠景から那覇の市街地を見下ろすと気分が爽快になりますが、
東シナ海に沈むサンセットは格別です。サンセットは毎日変ります。何百回見ても飽きる事はありません。

識名・繁多川・国場・上間一帯も傾斜地が多い地域ですから、海が見える土地・売り地は多いでしょう。
小禄地区では、金城・具志一帯も一部の地域・土地からは海が見えますが既に住宅が張り付いています。
海が見える土地・売り地となりますと非常に限られて来ます。

沖縄移住を考えられる方が那覇市において海が見える土地に一戸建てを考えるならば、
中古一戸建ての売家のタイミングの機会を狙うしかありません。
しかし、割り切って海が見えるマンションとなると選択肢は格段に広がって・増えてきます。

一般の住宅からは海は見えなくても マンション5階以上からは大抵海は見えます。
マンションの最上階の部屋となりますと、海が見えるのは当然で
東西南北の眺望がさえぎる物がありませんから快適な生活に直結します。
 

それから新都心の天久・おもろまち一帯は海が見える高台ですが、

そこに最近30階以上の高層マンションも造られていますが、海抜100メートル以上の光景は
那覇市を始めケラマ諸島までも近くに見え サンセットの景観はたとえようがない絶景と言われます。

那覇市で海が見える土地・売り地を購入し一戸建てを実現するにはおよそ4000万円以上は掛かります。
将来の資産価値を考えるのではなく、住むだけをと考えると海の見えるマンションも悪くないでしょう。
マンションの選択肢となると新築も中古もあり予算的には30~70%位に収まるでしょう。

さらにマンションの住環境は学校・公園・スーパー・交通アクセス等が優れた場所に建てられています。
海が見えるマンションの検討はいかがでしょうか。




浦添市で 海が見える 土地・売り地 を探す

浦添市の 海が見える土地・売り地ですが・・・

浦添市の一番の悲劇は、一番栄えるはずの東シナ海の海岸部分が
米軍基地に戦後68年間ずっと占領され続けていることでしょう。

この広大な基地は、普天間飛行場の移転問題とリンクされています。
この基地が返還されると、浦添市の街は那覇市にも引けを取らない位、発展様変わりすることでしょう。
勿論、土地の価格も高騰していくことでしょう。


さて、沖縄移住者が希望する地域の土地・売り地ですが
浦添市も海岸から緩やかな丘陸地に街や住宅地が形成されています。

海が見える地域の土地・売り地となると国道330号線(安里バイパス・浦添バイパス)の東側でしょう。
市役所のある安波茶一帯の土地・経塚一帯の土地の傾斜地部分の箇所からは海が見えます。

しかし、海が見える土地には殆ど住宅が張り付いています。
海が見える土地に一戸建てこだわるならば中古一戸建ての売り物件を待つしかありません。
それから浦添運動公園の東側も高台で傾斜地ですから、海が見える一帯・土地はありますが、
やはり住宅・アパート等が張り付いていて、空いている土地・売り地は非常に少なくなります。


昭和薬大付属高・中のあるたくし地域・土地は高台になっていて海が見える土地・売り地は残っています。
海が見える土地にこだわる方は戸建て住宅も含めて探される事をお勧めいたします。


海が見える土地・売り地を考えなら牧港の高台一帯はチャンスが広がります。
海が見える土地に建つ古い外人住宅を購入して立て直した住宅が結構あります。
浦添市の商業地・住宅地の地価も高く那覇の一部を除いてはあまり違いありません。

ですから、沖縄移住を考える方が浦添市で海が見える土地で土地付き一戸建て住宅を求めるには
4000万円近くはいきます。

しかし、海が見えるマンションでも構わないとなると叶う物件はたくさんあります。
市街地のマンションからでも5階以上からは海が見えます。
港川のちょっと高台に建つ上階になると東シナ海に沈むサンセットの海が見えます。
海が見える事にこだわる方にはマンションの検討もいかがでしょうか。

又、資産価値を考えて海の見える土地付き住宅をこだわるならばあります。
ローン返済等で物件を手放す方は結構いらっしゃいます。
信頼できる不動産業者に自分の条件(例えば、海が見える土地・海が見える中古一戸建て)
を言って物件探しを信頼する事です。

海が見える土地・売り地又は一戸だ立て住宅は腰を構えて待つ事です。必ず出てきます。
又、東側の前田一帯の高台からは、太平洋の海が見える土地・売り地の物件が時々出て来ます。
浦添市は住み易く程よい市街地で交通アクセスが優れていますから土地の需要は一杯あります。

住宅用地として区画整理が進行中の経塚シティー一帯は土地の流通は盛んです。
尚、那覇市の汀良町の最終駅が経塚シティーまで延伸する事が決まりました。
完成まで5年位掛かりますが、海が見えるにこだわらばければ、
住宅地とすれば非常に価値が上がる地域となる事は間違いないでしょう。




宜野湾市で 海が見える 土地・売り地 を探す

浦添市に続く市が宜野湾市です。
宜野湾市は日本中誰も知らない人がいない普天間飛行場基地がある街です。
市街地のど真ん中を細長い飛行場が戦後から67年も存在しています。
輸送機の離発着時、オスプレイの離発着時に騒音を出します。

しかし、沖縄移住者が結構多くいます。人気のあるのが中古の外人住宅です。
土地が借地ですので約1000万円位で、意外と安価です。
4LDKで35~40坪位、築50年の平屋建てですが、土地が100~150坪位で庭が魅力のあるところです。

宜野湾市も海岸側から丘陸地ではありますが、その最高部の土地(地域)が普天間飛行場の基地です。
その麓は大山という地域(土地)からは海が見える所・土地があります。

海が見えて緑が多いこの一帯は、一昔二昔には外人が沢山住まわれていました。
そのせいで外人住宅があります。立替えられた建物もありますが、まだまだ残っています。
その地域・土地にも沖縄移住者が住まわれています。

大謝名交差点から真栄原交差点を結ぶ県道34号線は傾斜地をなしています。
上大謝名と呼ばれるこの一帯も高台で海が見えます。そしてかっては外人が住んでいました。

宜野湾市は基地が隣接していたせいもあって、外人住宅が沢山造られました。
築50年を経た住宅ですが庭が広く取られていてしかも借地ですので価格が安いので人気があります。

伊佐交差点から普天間へ上る県道81号線の坂道辺りも海が見える地域・土地です。
ここには手頃間のマンションがあります。高台ですので1階からでも海が見えます。
沖縄移住を考えられる方で海が見える土地・売り地を探すなら宜野湾市もいいと思います。

沖縄移住者に人気のある地域・土地が既に区画整備が済み、
沖縄コンベンションセンター・トロピカルビーチがある宜野湾海浜公園がある真志喜地区です。

当一帯は学校・公園・病院・スーパー等の住環境が優れています。
那覇市への通勤・中北部への交通アクセスも優れています。
分譲マンション、賃貸アパートもたくさん建てられ、沖縄移住者も沢山住まわれています。

この一帯のマンション・アパートの上階部からは海が見える所が結構あります。
さらに隣接地域・土地では公共の区画整理事業や民間のマンション・アパート建設が盛んです。
沖縄移住者も結構増えています。この一帯は土地・売り地はありますが高値で取引されています。

この一帯は海が見えると言うより海が近いビーチが近いことで知られています。
最近コンベンションショッピングセンターの大型店が開店し、ますます発展していく地域・土地であります。

都会から来られた沖縄移住者は、那覇市や浦添市の喧騒地を避ける方が多いです。
出来れば読谷村・恩納村辺りで海が見える自然が残っている地域・土地で住みたいと思っていますが、
子供の学校、仕事ととの関係からそうはいけません。そういう方々は宜野湾市ならマアいいと言います・

そのせいもあってか、現在宜野湾市には沖縄移住者が沢山住まわれています。
宜野湾市はこれからも沖縄移住者が増えて行く地域・土地かもしれません。





北谷町で 海が見える 土地・売り地 を探す

宜野湾市に隣接する街が北谷町です。

北谷町の美浜一帯は町がアメリカンビレッジを想定し、都市計画した街です。
この街は全国的にも大成功の地域づくりで知られています。全国の自治体からも視察にきます。

又、沖縄観光情報誌にもメインで掲載され、観光客も必ず訪れる那覇市と並ぶ観光地でもあります。
北谷町の美浜一帯は若者の街として知られています。
週末の夜には地元の青年も観光客も沢山の若い人が集まって来ます。
基地が周辺にあるので外国人も多く移住者や観光客からは異様な光景ではないでしょうか。

沖縄移住者が海が見える所に住みたい地域・土地と共にお店を開きたい地域・土地でもあります。
既に多くの沖縄移住者が居を構えたりお店を開いています。
当一帯は土地価格が那覇市、浦添市並に高価格です。

当地域は既に町営の陸上競技場、野球場、サンセットビーチの公共インフラ部分を始め、
ジャスコ・サンエーの大型ショッピングセンター・メイクマン・電気店・車販売店・
衣料品店・飲食店等々が全て揃っていて、駐車場も余裕たっぷりに取られています。

しかし、空いている土地は見つかりません。土地付き一戸建てはそう簡単ではありません。
当地域・土地には綺麗な人口ビーチが街の直ぐ近くに幾つかあります。

沖縄移住者で海が見える所に住みたいなら海が見えるマンションがいいでしょう。
“海が見えるマンション”というよりか“海が近いマンション”といった方がいいでしょう。
当一帯に建つマンションから海が見えるのは当然で、徒歩で5~10分位では海岸や砂浜に辿り着きます。
ダイビングスポットもあり、海が見える所を求める沖縄移住者にも観光客にも人気があります。

沖縄移住者が海の見える土地を求める方は、山手側の吉原一帯にはいかがでしょうか。
傾斜地ですから海が見える所が結構あります。売地や一戸建ての物件が出てくる時があります。
価格も美浜一帯の半額近く安いですからチャンスがあります。
吉原一帯の海が見える高台からの東シナ海のサンセットは格別なものがあります。




嘉手納町で 海が見える 土地・売り地 を探すなら

北谷町を国道58号線を北上する際、道路の左側も右側も米軍施設嘉手納飛行場で、
フェンスの中を車だけが通過していきますが、内地の方には異常に光景を実感する事でしょう。

そして到達する街が極東一の基地がある嘉手納町です。
嘉手納町は全面積の82%が基地に占領されたままです。
戦闘機の離発着時の騒音は100デジベルを裕に越えます。
それが1日に何十回もあるのです。とても移住者でも住む気にはなりません。

ですから嘉手納町に沖縄移住者がいる事は聞いたことがありません。
嘉手納町の中心地といえば嘉手納ロータリーです。
そこから隣接村の境界を流れる比謝川に架かる比謝橋まで徒歩で12~3分、車で1~2分です。

嘉手納町は東西に約4Kmが町の長さで、南北に0.6kmが町の中という狭さです。
嘉手納飛行場と比謝川の狭い地域に閉じ込められるように住民は住んでいます。
そして住民が居住できる土地面積は僅か2.5K㎡です。恐らく日本一狭い町でしょう。

交通アクセスは車で15分では沖縄市までいけますし、北谷町の美浜まででも12・3分です。
那覇市までは約25kmで車で1時間位は掛かります。

嘉手納町で有名な観光客が来る所があります。道の駅かでなです。
そのビルの屋上から嘉手納飛行場基地内が見えます。
この基地が何時か全面返還される事を町民は望んでいますが・・・
海が見える所に住みたい移住希望者には条件が全く合わない地域・土地です。




読谷村で 海が見える 土地・売り地 を探すなら

嘉手納町を過ぎて国道58号線を北上する読谷村です。

読谷村も国道58号線を挟んで、右側にも広大な面積がありますが、45%は米軍施設に占領されています。
しかし、国道の左側、西海岸に面する地域は広大な地域が広がっています。
読谷村には、軍用地に占有されて住む地がない嘉手納町の方々が読谷村に住んでいます。

読谷村は天然の美しいビーチが多く残っており県道から村道に一歩入ると畑が広がりのどかです。
世界遺産の座気味城跡や、陶芸家が集まるやちむんの里があり、自然・歴史・文化などを身近に感じます。
読谷村は海岸から緩やかな丘陸地になっており、住宅地から海が見える地域・土地が至る所にあります。

しかしその土地が売り地かは別問題ですが、探す価値は充分にあります。

楚辺・都屋一帯の海が見える土地は地元の住民の住居で一杯です。
波平一帯は県道から村道に入ると田園と海が見える土地が広がります。
海が見える土地に新しいオシャレな建物も建っていています。売り地の看板も見えます。

高志保・渡慶次一帯は海岸からの緩やかな海が見える傾斜地にオシャレな家が沢山出来ています。
沖縄移住者が既に毎日海が見える土地で夢を叶え暮らしています。
学校・スーパーも近く生活も不自由を感じません。

瀬名波・長浜一帯の傾斜地にも中古住宅を買っては建て変えて暮らしています。
読谷村は東シナ海に面し、風光明美の農村地帯でしたが最近住宅地が相当増えてきました。
沖縄移住者も大分増えました。沖縄に住みたい地域のベスト3に入る好評の地域・土地です。

読谷村の村内を横断する幹線である県道6号線沿い楚辺にはサンエー、隣の都屋にはマックスバリュー、
波平にはかねひで等があり生活の不便を感じない地域(土地)に変わってきました。
沖縄移住で海が見える土地に一戸建てを考えられる方には持って来いのいい地域・土地と言えましょう。


恩納村で 海が見える 土地・売り地 を探す

恩納村は海が見える所が非常に多い地域・土地で南北に非常に細長い村です。
村の殆どが東シナ海に面した美しいビーチがある地域・土地です。

リゾートホテルが林立しています。ゴルフ場も沢山あり、沖縄で1番のリゾート地域・土地です。
ビーチも数多くあり、万座毛を始め有名なダイビングスポットが数多くあります。
仲泊辺りから那覇までの距離は車で約1時間位です。

恩納村の集落はヤンバルへの幹線道路・国道58号線沿いにあります。
国道が海岸沿いにありますから北上する時は何処からでも海が見えます。
海が見えると言うより海岸が近いので海の匂いや潮騒を直に感じます。

沖縄移住者が考える海が見える地域・土地は至る所にありますが、
条件が良い土地は業者に抑えられている可能性が高くなります。


本土の方では東北の大地震後地殻が変動して地震が起き易くなっていると言われます。
大震災後2年以上経過しても震度3クラスの余震は1日に何回も起きています。
首都圏の直下型地震・東海・南海・東南海の3連動地震の災害・被害の大きさが報道されています。

そのせいもあってか内地からの物件の問い合わせが増えています。
恩納村を始め海の見える地域・土地を依頼してきます。
海が見える土地はこれから価格が今以上に上昇して来ると推移されます。

恩納村では海が見える地域・土地では分譲マンションも次々に建設されています。
割り切って海が見えるマンションでもいいのではないでしょうか。

恩納村では海が近い・海が見える土地には既に沖縄移住者が住んでいます。
ペンション・カフェ・居酒屋・ダイビングショップ等のお店を開いて生計を立てています

海が見える土地は緩やか坂道を登る傾斜地に見つける事ができます。
沖縄移住者の方は空地の土地を購入したり、既存の中古住宅を購入して建て替えたりしています。
そして海が見える土地に住みたい夢を実現させています。

最近は海が見える山頂を開発した分譲地も増えて来ました。
海が見える土地に住みたいなら恩納村は格好の地域かも知れません。




名護市で 海が見える 土地・売り地 を探す

読谷村の続きは名護市です。

名護市も国道58号線沿いに集落が存在します。
喜瀬・幸喜の国道近く一帯の地域・土地は徒歩でも5分内で海水浴が出来るビーチがあります。

高速道路の終点からが名護市内に入る世冨慶までは国道の通過地区で住宅地は余りありません。
名護市街地を過ぎた県道449号線沿いにある屋部から山入端一帯地域・土地は東シナ海が見えますし、
浜辺が近い所です。生活に便利な名護市街地まで10分位です。移住を考える方は検討に値します。

国道58号線を国頭方の西海道を北上すると
中尾・中尾次・真喜屋・呉我一帯の地域・土地は羽地内海に面しています。傾斜地からは海が見えます。
この一帯も住環境が揃っている市街地が近いので沖縄移住を考える方は検討したいものです。

又、屋我地島は周辺が全て海が見える地域・土地です。屋我地大橋で本島とも陸続きですから、
仕事は名護市街地で行い、海が見える所で暮らすのもいいじゃないでしょうか。

名護市は1970年に名護町・久志村・羽地村・屋我地村が合併して現在の名護市になりました。
人口は約6万人で北部人口の半分を占めます。名護湾・羽地内海・太平洋の三方を海に囲まれています。

太平洋側に面する久志・豊原・辺野古一帯も海岸側より緩やかな傾斜地で海が見える地域・土地です。
辺野古には米軍基地キャンプ・シュワーブがあり普天間基地移転問題で有名の所です。

それから以北には安倍地区にはカヌチャゴルフ場があります。
沖縄移住者が考える地域・土地は安倍公民館・嘉陽小学校・天仁屋公民館一帯・土地辺りが限界です。
この地域・土地からは名護市内まででも裕に1時間は掛かります。




本部町で 海が見える 土地・売り地 を探す

名護市から本部町を結ぶ海岸側の幹線道路・県道449号線沿いは青い海が見える景色が続きます。
しかし、安和・崎本部一帯はセメント工場・採石場がありそこから名護市以北・中南部方面への
ダンプカーの往来が激しく、しかも粉塵を発生させますので住む地域・土地としては適しません。

崎本部ですが瀬底大橋に近い土地に海と山に挟まれた丘の山腹にブリリアンテ・モトブヒルズと言う
カフェがあります。海の見える森があるこの土地に建つお店から光景は素晴らしいの一言です。
東シナ海のコバルトブルーと瀬底島と青い空のコラボネーションはまさに沖縄なではの景色です。

沖縄移住者が求める海が見える地域・土地は健堅から以北でしょう。
健堅・大浜・谷茶・山里の山手側からも海が見える地域・土地は沢山あります。
そして沖縄移住者に夢を叶えた方のお店が繁盛しています。山里の高台の土地にあります。
東シナ海・伊江島・瀬底島・水納島のパノラマの美しい海が見えます。
このお店のメニューはピザだけですが腹が減っているせいか、絶景のせいか美味しかったです。
観光客がひっきりなしにやって来ます。こんな山奥にお店を開く発想は地もとの人は持っていません。
このお店に沖縄移住を成功のキーワードがはっきり表れています。

海が見える地域・土地と言ったら何と言っても瀬底島かも知れません。
小さな島ですから何処からでも海が見える地域・土地です。
瀬底大橋で陸続きですから買い物も困りません。車で5分位では大型スパーがあります。

そんな瀬底島の土地に瀬底島から 本島と海が見えるカフェ・ウカウカ と言うお店があります。
美しい眺望を邪魔しないように前面ガラス張りです。
店内にいながら本部半島の美しい山、青い空、青い海の景色が何とも言えません。

ウカウカのお店の近くの土地に可愛らしいカフェ・オレンジサンセットと言うお店があります。
海が見えてのどかでゆったりさせる瀬底の土地は沖縄移住者の夢のとちかも知れません。

さらに海岸沿いを海洋博公園まででも海が見える地域・土地は続きます。
渡久地・浜元・浦崎・山川・石川の山手辺りも海が見える地域・土地は一杯あります。
既に結構な人数の沖縄移住者が暮らしています。

県道114号線を進んでいくとフクギ並木で知れている備瀬に着きます。
この地域・土地からは海が見えると言うより海・海岸は毎日の散歩道と言う位直ぐ近くにあります。
この地域・土地にも中古住宅を購入して既に何名かの沖縄移住者が生活を始めています。

県道をさらに進むと新里・具志堅に着きます。この一帯も海が見える地域・土地は一杯あります。
中古住宅も充分安く購入する事が出来ると思います。これから先は今帰仁村です・・・




今帰仁村で 海が見える 土地・売り地 を探す

今帰仁村は本部半島の北にいちし、本部町・名護市と、北に東シナ海と接し古宇利島を含む地域です。
羽地内海は風光明媚な地域・土地で眺めが美しい事で知れています。冬は北風が強い地域・土地なので
今泊に代表されるフクギや松などの防風林が発達した地域・土地で知られます。

畑中心の地域で野菜と花卉の生産が多い事が特徴です。今帰仁産スイカはブランド化され知れています。
今帰仁城は世界遺産に登録されています。

古宇利大橋の開通で島に多くの観光客が訪れるようになりました。
運天港からは伊平屋村と伊是名村へ毎日フェリーが出ています。

今帰仁村の行政区は19地区ありますが県道505線を挟んで山手側の傾斜地からは海が見えます。
既に数多くの沖縄移住者が暮らしています。古宇利島にも沖縄移住者は暮らしていますが、

最近定職を持たないヒッピー的な若者が増えてきて島の風紀を乱しています。
今帰仁村への移住は就農の方は向くと思います。



南城市で 海が見える土地・売り地を探す


南城市は佐敷町・知念村・玉城村・大里村の4町村が2006(平成18)年に合併して出来ました。
隔して南城市は南部地域ではダントツの面積を誇るようになりました。
南城市は制へ移行したのを契機に、平成22年度に新しく南城市独自の都市計画を策定しました。

町村から南城市に変って私たちの生活に何が1番変ったカと言うと、
建築制限が厳しかった市街化調整区域が、相当面積が建築制限が緩和される非線引区域に変更され、
開発行為や建築行為が大分緩和されるようになりました。

そのおかげで今から地元の方を始め沖縄移住者の土地購入と共に住宅建築が盛んになって来るでしょう。
南城市・佐敷津波古には馬天港があります。馬天は南部の玄関口として栄えていました。
この一帯の土地は海抜が低く 海が見えると言うより海が近いと言う感じです。

最近、この土地にマックスバリューが出来、沖縄メデイカル病院もこの土地に移って来ました。
勿論この病院からも海が見えます。海が見える土地では病気の回復が早まると言われます。

津波古の海側が埋め立てられ土地造成が行なわれました。
そして住宅用地として50~60坪の土地に区分けされ売り出されています。坪15万円位です。
護岸の直ぐ側の土地ですから殆どの家から海が見えることでしょう。

小谷の土地もやや傾斜地の地形・土地ですからどの家・土地からも海が見えます。
しかし、海は見えるのですが、沖縄移住者が求める 海が見える条件ではありません。
従って、海が見える処・土地にも沖縄移住者は住んでいません。

新里は旧玉城村に通ずる厳しい急坂の地形・土地「新里坂」で有名の土地です。
山腹一帯の土地からは何処からでも海が燃えます。
ここも沖縄移住者が住みたい 海が見える処・土地ではありません。
沖縄移住者が求める海が見える処・土地は地元の住民が居住している所・土地ではありません。
人里離れた土地で誰からも干渉されることなく海を見ながら暮らすことを1番に考えています。

急坂の新里坂を昇り切ると 海抜150m位の山頂で高台の台地の地形・土地になっています。
その一帯の高台の土地にはウエルサントピア・ホテルがあり佐敷の街の全景を始め、知念半島、
中城湾、久高島、津堅島、遠くは勝連半島までが一望できます。
沖縄移住者が住みたい・海が見える条件が叶う場所・土地です。

佐敷地区は海側の平坦部の土地の面積が大部分を占め住民も殆どそこに住んでいますが、
山頂の高台の土地・つきしろの街にも何百名も住んでいます。この土地からも海が見えます。
しかし、海が見える土地には既に家が張り付いています。

眺望が素晴らしい土地にカフェ・キャッスルラウンジと言う海が見えるお店があります。
海岸から麓の佐敷から知念の街並みを始め遠くは勝連半島までの中城湾を一望できます。
このお店は沖縄移住者が経営しています。沖縄移住の夢を実現しています。


佐敷新開の埋立地の土地も海抜が低く、海が見えると言うより海が近いと言えましょう。
新開は40年前に旧佐敷町によって埋め立てられた住宅地です。

この一帯の地域・土地には30年以上前から地元の方の住宅が張り付いています。
ですから、この一帯の土地には沖縄移住者は余り見受けられません。


佐敷の地形・土地の形状は中城湾を望む海岸から海抜が低い土地の平坦部が麓まで続きます。
麓からは急勾配の斜面の原野になっています。そして頂上は平坦な土地・台地をなしています。
佐敷から平坦な土地の中を国道331号線の道路が1本知念まで続いて行きます。

新里・兼久・佐敷・手登根・屋比久まで同じ地形・土地の形状をなしています。
麓の土地からは海は見えますが、沖縄移住者が求める海が見える条件を満たしません。
よってこの一帯の土地には、沖縄移住者は余り住んではいません。

さらに同じような地形・土地が旧知念村の久原・海野・知名・安座真まで続きます。
この一帯の土地では 海は見えると言うより海は庭と言う位海は近くになって来ます。

安座間の土地は、あざまサンサンビーチ・知念海洋レジャーセンターが人気スポットです。
この一帯の土地から地形が急に変ってきます。海岸から平坦部の土地が少なくなります。

麓から急勾配の断崖状の地形・土地をなしています。従って国道も山腹の地形・土地を上って行きます。
すると急に 海が見えるというより 海が見える視界が広がっていきます。

この辺りの土地は、海抜が50~60m位ありますから どの場所・土地からでも海がみえます。
沖縄移住者が求める 青い空・青い海が一体になった綺麗な海が見えます。
するとそこの場所・土地には沖縄移住者が建てたカフェがぽつぽつ見えてきます。

お店の場所・土地は、地元の人では考えない原野の土地に建てられています。
海が見える高台・土地ですが誰も利用価値を見出せない土地です。

しかし、内地の方はこの原野の土地を金を生み出すお店に変えたのです。
土地の単価は坪5万円以下の土地でしょうから、安く開店できた筈です。
その店内はパノラマに広がる海が見えるように席が配置されていてお客さんが一杯です。
勿論観光客ですが、次から次と押し寄せるようにやって来ます。私達地元の人からは不思議な光景です。

その一帯の土地には南城市が誇れる絶景の地があります。久手堅の岬公園のなかの知念岬です。
この知念岬の地形・土地は200m位突き出た半島状の地形をなしています。海抜は80~100m位です。
断崖になっていてその断崖からの270度に広がる青い海と青い空の大パノラマの眺望は感動的です。

沖縄は海が綺麗な所・土地は、本島北部・離島・宮古・八重山も含めると枚挙に暇がないほどありますが、
さしずめ南部地区ではこの岬が№1の眺望でしよう。

南城市には世界遺産に登録された斎場御獄(セーファーウタキ)と称する聖地の場所・土地があります。
そこからは神の島と言われる久高島が望めます。
この土地では感性が鋭い方は何かを感じるかも知れません。

南城市の旧知念村の久手堅から吉冨・知念・久手堅・山里・一帯の土地からは何処からでも海が見えます。
地元の殆どの家・土地から海が見えます。海が見える土地の比較があれば沖縄有数の地域・土地でしょう。

又、業者によって海が見える原野の土地で、開発行為が行なわれている所・土地・建売住宅があります。
どの土地・建物からも海が見えるように設計されているので発売と同時に完売いたします。
買われる方は海が見える土地にこだわる沖縄移住者が殆どです。

又、地元の方には何がしかの事情があって住宅を手放される方もいらっしゃいます。
沖縄移住者の中にはこれらの中古一戸建て住宅買い、リフォームして住まわれている方も結構います。
当然、海が見える条件の土地・家です。この方が土地・住宅を安く入手出来ると思います。

南城市の旧玉城村の百名一帯の地域・土地には新原ビーチ・百名ビーチがあります。
この地域・土地もやはり何処からでも海が見える景勝地で人気の地域・土地です。
海が見える所・土地には既に沢山の沖縄移住者がいます。

この地域・土地にはスローライフ・癒しの草分けの浜辺の茶屋が有名です。
この浜辺の茶屋は店名の通りで浜辺の中に造られています。引き潮の際は浜辺に降りられます。
今や観光マップに載らないことは無い位観光ルートになっています。
観光客が次から次に押し寄せてきます。

そして、すぐ近くに宮本亜門さんの居宅が出来て益々名が知れるようになりました。
宮本亜門さんのリビングからは水平線の海が低く海と一体感をなし、海の中にいる感がします。

その様なお家がこの地域・土地では可能になるのです。しかも、土地の価格も5・6万円位です。
まさに海が見える土地に住みたい沖縄移住者には夢がかなえられる地域・土地なのです。

南城市の海が見える地域・土地の最終地は玉城の奥武島です。この島は長崎の出島みたいな島です。
周囲が海抜2・3mの土地ですから海と一体感が味わえますが沖縄移住者は殆どいません。
沖縄移住者は奥武島と海が見える高台の地域・土地にすんでいます。


南城市の全てが海が見える処・土地では勿論ありません。
むしろ海が見えない地域・土地が断然多いのです。

玉城の内陸部は砂糖キビ畑と畑だけしか見えません。
旧大里村に至っては何処からも海は見えないと言っても過言ではありません。


南城市には沖縄移住者が経営して繁盛しているお店が沢山あります。
お店はそれぞれ個性的なお店ばかりですが、これらのお店には共通点があります。
それは海が見える地域・場所・土地に造られていると言う事です。

知念久手堅265の海が見える場所・土地にはペンション・茶屋の海日和と言うお店があります。
まばゆい空と青い海が見える光景は一枚の絵画の様にかんじられます。

知念吉富の小高い丘の海が見える処・土地にはスペイン瓦のオシャレな洋館カフェが目立ちます。
木目調で落ち着いたテラス席からは眼下に青い海が見えます。知念岬とコマカ島・久高島が見えます。
海を見ながらヘルシイーランチは至福の時になります。お店の名前は「オリーブの木」といいます。

知念久手堅の海岸沿いには、赤い屋根のログハウスで造られた喫茶・ペンションのお店があります。
店名は「ポランのひろば」と言います。
海が見えるというより目線の高さで久高島と海が見えるスローフードカフェのお店です。

国道から吉富を右折して県道86号線は海抜150mの山頂へニナイ・カナイ大橋が架けられています。
その橋を登る際・下る際 絶景の海が見えます。この橋の上から眺める海は格別です。
水平線を眺めると地球が丸い事を実感します。

ニナイ・カナイの大橋を登り切った山頂は平坦な台地状な地形・土地になっています。
そこから車で5・6分走って畑の中を抜けるた処・土地に太平洋を見下ろす断崖絶壁の景勝地があります。

それが観光客から超人気のお店・カフェレストラン「くるくま」です。
観光客が引っ切り無しに押し寄せてきます。昼食時は20~30分待つ場合もあります。
海が見えるテラスから食べるタイ料理はボリュームがあって適正な価格で好評です。

水平線を見ていると海が丸いんだと実感します。
深海の青い波がリーフで砕波し白く泡立ちますそして珊瑚礁の上を小さな波が海岸に押し寄せていきます。
こんな何でもない沖縄の海の光景が内地では見られないので感動的に写るんでしょうか。

くるくまの近くの処・土地にも同じような海の見えるカフェ・八風畑(ヤフウバタケ)があります。
自然に生えている木々を活かしてあらゆる処から海が見えるようにされています。

玉城垣花の案内し難い地域・土地に自然をの地形と樹木を活かしたカフェ・風樹と言うお店があります。
急斜面の崖にログハウス造りの2階だてで、自然の木々の緑の間から海が見えるように工夫されています。
海が見えて木々の緑と吹き上げてくる涼風を体感させるお店です。

辺ぴな田舎の処・土地にカーナビを道案内に観光客が押し寄せてきます。
まさにインターネットの時代になった事を実感させられます。

 


§関連するトピックス§