§関連するトピックス§

不動産投資:売りアパート(1)

売りアパート

将来の経済不安に安価の中古アパートを求め、
アパート経営で[金持ち父さん]を目指している方が急増しています。
本土の方ではメジャーの大手不動産会社がテレビを始めとする
マスコミをフルに使ってマンションへの投資を呼びかけが目立ちます。

しかし、中小規模の不動産会社では
中古の「売りアパート」の売買取引が活発に行なわれています。
しかも、利回りが15~20%クラスがザラにあるのが特徴です。

本土のアパートと言うと、沖縄のアパート違って木造アパートが主流です。
本土では木材が豊富にありますから 一戸建て住宅も木造が主流です。
2階建ての木造アパートと言えども、新築のときは建築費は結構掛かります。
しかし、15~20年以上も経ってくると、極端に売買価格が下落して行きます。

金融機関の耐用年数が22年なので、毎年の減価償却が大きいからです。
従って、売買の最も支障となる金融機関の残債務も少なくなっているのです。
従って、1,000万円以下の中古の売りアパートの物件が沢山あるのです。
それでも賃貸アパートとしては十分に商品価値はあるのです。
金持ち父さんを目指すが余り資本が無い方にも、手頃な物件が結構あるのです。

他方、沖縄ではアパートと言えば、鉄筋コンクリート造であることは常識です。
本土の場合は2階建て8世帯木造アパートが一般的であるのに比べて、

沖縄のアパートの場合は4階建てで8世帯で鉄筋コンクリートが普通です。
耐用年数も47年と長期に設定されています。

新築するには多額の資金が必要となり、金融機関からの借り入れも相当な額になります。
それ故、15~20年経ってもまだまだ資産価値もあれば、残債務もかなり残っています。
アパート経営から脱却しようにも、この残債務が売買の大きな支障になっているのです。


§関連するトピックス§