§関連するトピックス§

沖縄移住:沖縄市

沖縄市は沖縄本島のど真ん中あたりに位置します。
人口は13万人強で沖縄県下では那覇市に次いで2番目の街です。

沖縄市には沖縄自動車道のインターが2か所あります。
沖縄南インターと北インターです。沖縄市は南北に長く東西は短く、
東側の泡瀬、海邦地区が海に面しています。

隣接する自治体は、北中城村、北谷町、嘉手納町、読谷村、
恩納村、うるま市の6自治体に接しています。
沖縄自動車道から西側はほとんどが米軍の嘉手納基地になっています。

沖縄市は第2次世界大戦後は「コザ市」として経済や文化など
様々な面で米軍駐留による影響を大いに受けてきました。

米軍の飛行機落下事故を始め、米兵の少女暴行事件、
米兵に怒りのコザ騒動等々枚挙にいとまがないほど発生してきました。
最近は少なくなったといってもいまだ歴然と続いています。

沖縄の中でも独特の文化誌を作ってきたのも沖縄市です。
オキナワンロックと呼ばれる音楽で多くのミュージシャンが内地を始め、
世界へ旅立っています。
昔は「紫」とか最近では「安室奈美恵」や「SPEED」がすぐ思い出します。

コザミュージックタウン: 2007年にオープンした県内でも大規模のライブハウスを持つミュージックタウン。
中には設備の整ったライブハウスの他、飲食店やショッピングエリア、ゲームセンターなどが立ち並び、複合型モールとして、沖縄市の新しい顔となった。




また、「エイサー」の発祥地もここ沖縄市です。
毎年夏に開催される「全島エイサー祭り」は県内最大のエイサーの祭典であり、
各地域や青年会のダイナミックかつ繊細な演舞をご覧いただけます。
エイサー会場のすぐ隣には沖縄県民のビール、オリオンビール株式会社主催のオリオンビアフェスタも同時に開催されており、浴衣でビールを飲みながら沖縄のエイサーを楽しむという、沖縄ならではの娯楽を楽しみにしている県民もとても多い大きなイベントです

沖縄全島エイサー: 若者からベテラン演舞者の迫力あるパフォーマンスに感動を覚える。
祭りの最後は「カチャーシー」で演舞者も観客もみんな一緒に祭りのクライマックスを盛り上げる。


オリオンビアフェスタ: 毎年夏に開催される県内最大のビール祭り。
会場にはオリオンビールはもちろん、多様な屋台やアーティストによるライブステージが行われる。

す。


沖縄市は30~40年前は基地の街として非常に栄えた町ですが
現在では旧市街地はシャッター通り化しています。

そして今では埋め立てで区画整理された
泡瀬地区と海邦地区に完全に取って代っています。

沖縄市には、商店街再生が地域活動に積極的に関わっている移住者が沢山います。
「沖縄移住計画ドリームショップ」という「市」と「商工会」等が
サポートする文字通り移住者事案が存在しています。

応募として移住起業の特典として
1.賞金500,000円 2.店舗家賃1年間補助 3.住居家賃1年間補助等の
サポートがあったりします。

これは沖縄市の商店街復興が主目的であるので
市内に店舗を構えることが条件です。

その周辺は外人客やインド人の構える店には背広仕立てや
衣服類も陣されていて外人客には人気があります。
しかし繁華街とは言い難く、昔の勢いを取り戻そうと奮闘中といったところです。

沖縄市は「コザ市」と「美里村」が合併してできた街ですが
県都でもない「市」が沖縄県の「県都」であるかの如く「名付けた」理由が実はあるのです。

それは今から約30年前に「コザ市」と「美里村」が合併する際、
どちらも自分の市名、村名に「こだわり」に暗礁に乗り上げた時期でした。

ちょうどその時、沖縄県庁の移転の話も出て
何地域かで移転誘致合戦が始まりました。
両合併協議会は「沖縄市」と命名し、
沖縄の中心地になる希望での命名したのが由来です。

それが当時の知事がが那覇市の「同じ位置での建設する!」
との鶴の一声でオジャンになったのです。

また、コザ市は米兵が名付け親でもあります。
コザは以前は古謝または胡差とも言われていましたが、
米兵が多くなった時期に米兵がこの「ゴヤ」
という発音が「コザ」という発音になり
そのまま「コザ村」その後「コザ市」となったのです。

ゲート通り: 近くに米軍基地のゲートがあるため、今でも根強くアメリカ文化が残る沖縄市胡屋(ゴヤ)。
外国人が多く集まるゲート2近くでは、飲食店やバー、服飾店まで異国感を感じる店が立ち並ぶ。




沖縄市の海側には沖縄県の総合運動場があります。
その北側の泡瀬地区にはキレイニに区画整理され、
県内の移住者を始め県外の移住者からも利便性に良さにで人口が増えています。 



中央パークアベニュー: 「B.C.Street」「センター通り」とも呼ばれた中央パークアベニューは、
現在の商店街になる前は米兵の娯楽エリアとして栄えていた。



町は英語表記で溢れている。

 

これから沖縄移住を考える方も検討なされてはいかがでしょうか。

 


§関連するトピックス§