§関連するトピックス§

3. お店を開きたい方へ

お店を開きたい方へ

バブル崩壊後20年余リーマンショック後4年日本は一貫して右肩下がりの経済を続けて来ました。
さらに今、世界中でも名の知れたグローバル産業の、パナソニック、シャープ、ソニー等の大企業でさえ大赤字になっています。



1000兆円を超える国と自治体の借金、高齢化に伴う介護医療費の増大、年金支給延長に支給減額、復旧復興問題、原発再起動問題、消費税を始めとする税金・保険料等の引き上げで、私達の生活は、将来さらに厳しくなると推移されます。



ところが、昨年末の衆議院総選挙で、民主党を始め政党が分裂乱立し新党も含めて13の政党で選挙が行なわれました。国民の期待を裏切った民主党が惨敗し、少数党が共倒れし自滅した結果、漁夫の利を得た自民党が圧勝しました。早速、安倍首相は活発に動き始めました。



政府は日銀と共同でデフレ脱却とインフレ2%を目標に、大胆な経済緩和政策を行ないます。今回の景気回復を、「従来とは次元が違う経済対策」と言っています。
ロケットスタートと称してスピードを上げて景気回復成し遂げる、としています。
今までと違って、銀行から企業への設備資金等の貸付が緩和されます
企業側も、設備投資に積極的になって来ます。



公共工事は、経済の潤滑油と言われ、景気に直ちに影響を及ぼします。
例年の1年分の公共工事の予算額4兆円を2月の補正予算で組んでいます。
そして、平成25年度も4月からも
間髪を入れないで、
10兆円規模の予算を組んで来ると言われます。


早速、株価が上がり始め、円安に向っています。
やがて物価も上がってくれば、
会社も利益を出してきます。
また、給与は通常、会社の利益が出てから2~3年後に徐々に上がってくるものですが、

政府は、従業員や、給与を増やした会社の法人税を、軽減するとしています。
すると、早晩、給与も上がって来ます。住宅や車の購入も、借り易くして行きます。
建設業を始め、あらゆる仕事が活発になります。
内需が拡大し、社会にお金が出回ります。


さらに、
景気を刺激する為に中小企業の交際費の課税の上限額を拡大して来ます。
接待交際費厚生費が使われて来ます。政府はドンドンお金を出して来ます。


ここまですと 景気なるのは当然です。商売をされる方、
特に、飲食店経営の方は、稼ぐチャンスになって来ます。

飲食店業界は厳しい競争世界です。辞める方も結構いらっしゃいます。
もしこれから飲食店を始めるなら居抜き物件を探して始めることです。


他方、沖縄の就業の実情は、完全失業率が約8%です。何年も全国で第1位です。
数字が示す通り、仕事がありません。
若い方の仕事は色々ありますが、
中高年になると状況が全く変わってきます。特に中高年の女性の仕事がありません。
夫の給料だけでは生活が苦しく働きに出たいのですが、雇用先がないのです。

離婚して、子供を育てる為に,女手一人で昼も夜も必死に働いている方もいますが、
そのようにされる方々は、殆ど体を壊していきます。



女性40歳を過ぎる頃からは、働き口としてはパートしかありません。
スーパーの惣菜か、ホテル・ビルの清掃などです。
働く時間も4~5時間に制限され、
時給も限りなく最低賃金に近くなります。稼ぎとしては、1日3,000円程です。
これではとても食べていけません。


そんな方々は、せめて小さなお店でも出せたら生活費位は出せると考えますが、
はたしてお客は来るか、家賃は払って行けるか、不安で決断が出来ません。
現在は仕事も少なく、給与も上がらない時代です。交際費や厚生費も出せません。
お客も金を落とさなくなっています。
どんな商売するにも厳しい時代でした。

しかし、今年から景気が戻って来ます。
お店を開いて稼げるチャンスが来ます。


★下図は、現在、那覇市役所の市民待合いロビーにて、受付・交付の呼び出し番号表示モニターの隣で動画放映しております。 弊社は居抜き物件と貸店舗に力を入れて営業しています。


★募集方法はオリジナル看板とネットがメインです。
賃借人にはネット・看板・ポスター・情報誌・ちらしを使った効果的な集客法で応援します。

§関連するトピックス§