§関連するトピックス§

収益物件のメリット

収益物件のメリット

収益物件には、FX比較サイトで出来る外貨為替のように様々なメリットがあります。
収益物件の良い点を数え上げれば、枚挙にいとまがありません。

収益物件のメリット一覧

  1. 賃料・家賃の収入で安定的な利益を上げられます。
  2. サラリーマンの方なども始められる、手軽な投資法の一つです。
  3. 老後の資金を貯めるための手段になります。
  4. アパートローンの場合、生命保険で、不測の事態が起きても家族に迷惑をかけません。
  5. 節税対策となります。
  6. 相続対策になります。
賃料・家賃の収入で安定的な利益を上げられます。
   
これを目的に収益物件を手に入れ、不動産経営をするオーナーの方が多いです。
収益物件のメリットは、賃料・家賃収入によって、安定的に利益を上げていく事です。
ただし、計画的にこれを行っていかないと、安定的に入居してくれる人も居なくなるし、
また、 新規の入居者も集めにくくなります。
管理や運営・そして、将来を見据えた運営が、成功のカギを握っています。

サラリーマンの方なども始められる、手軽な投資法の一つです。
サラリーマンの方も、無理なく始められるというのが、この収益物件の特徴です。
確かに、アパートなどを建設したり、購入するには多額の資金が必要になるため、
ローンを組んで購入するのは、ほぼ確実だとは思います。
ですが、賃料が安定して、収入として得続けられる限り、ローンの返済も楽になります。
払い終わったそのときには、ローン返済分の収入があなたのものになります。
また、将来を考えた上での、投資先としての性格も持ち合わせています。

老後の資金を貯めるための手段になります。
老後に対しての不安がある方も大勢います。
安定収入を得られるというメリットが、十分に生きてくるのも、収益物件の特徴です。


アパートローンの場合、生命保険で、不測の事態が起きても家族に迷惑をかけません。
アパートローンをご利用の方なら、万が一の事態が起きても、
安心して家族にアパート経営を任せられるような仕組みがあります。

節税対策となります。
通常では経費として落ちないものや、運営が赤字になったときなどの際に、
税額が軽減されたり、控除の対象になるものもあります。

相続対策ともなります。
相続についての節税対策ともなります。

   老後・ローンを組んだ場合・節税・相続対策。
   老後の資金を貯めるための手段になります。

老後の生活に不安を感じないという人は本当に少ないのかもしれません。

定年して働けなくなり、貯金もソコソコ。こういった状態にならないか、気になります。
高齢化社会といわれ年金や、医療に関する問題が、大きくクローズアップされています。

特に、年金の支給開始の時期も伸び、さらに支給額自体が減らされます。

収益物件で安定的な賃料の収入があれば年金が減らされる不安が解消されます。
こうした、将来に不安を持つ人にも、収益物件の経営はオススメです。

アパートローンの場合、生命保険で、不測の事態が起きても家族に迷惑をかけません。
アパートローンなどを利用して収益物件を建てているといったケースにおいては、
そのローンの名義人であるあなたの身に万が一の事があったとしても、
その遺族であったり、家族へローンが引き継がれる事は無く、
安心してアパート経営に専念してもらうことが可能です。

というのは、アパートローンを組む際には、
”団体生命保険”という、生命保険に加入することが強く薦められています。
この団体生命保険とは、万が一の際には、
この保険からローンの残りの分が支払われて「完済」の状態となります。
そうすると、家族や遺族の人たちに迷惑をかけることなく、
アパート経営に専念が出来るという、不安を軽減させてくれるメリットがあります。

節税対策となります。
もしも仮に、収益物件の運営をしている中で、赤字となってしまったとします。
そうすると、固定資産税や、都市計画税などの税額が、
特例として軽減されるという、節税効果があります。

サラリーマンの方であれば、通常は経費として認められない減価償却費や
登記費用・ローン金利などが、アパート経営においてはこれらのものが
必要経費として認められるようになります。
結果、所得税に関しては還付が行われるとのことで、節税効果が出ます。
また、住民税についても、税額が軽減されるという利点もあるそうです。

相続対策ともなります。
上記でも書いた節税に関しての続きになりますが、
相続に関してかかる税金なども、軽減されるというメリットがあります。
一般に相続するものが現金であった場合は、その額面全てに相続税がかかり、
一戸建ての住宅などの場合では、そのある一定の計算がされた
”評価額”と呼ばれるものが、相続税の課税の対象となります。

ところが、アパートでは、評価額が低くなる傾向があるとのことで、
現金や、預貯金・またはマイホームなどの形で残すよりも、
相続税対策としては有利に働きます。
何故評価額が低めになるのかというと、
「アパートは他人に貸しているため」ということなのだそうです。



§関連するトピックス§