§関連するトピックス§

沖縄移住するなら起業・開業しよう

沖縄移住で独立して起業・開業を考えるなら

1)沖縄移住で仕事に就くのではなく開業を考えるなら、沖縄で何をやりたいかをよく考える事です。
以前から独立して起業したかった方、自分のスキルを活かしたい方、趣味が高じて開業なされる方、
独立して起業・開業を決意なされる方の理由は百人百様です。

一口に起業・開業と言いますが、それを「決心」するまで不安との戦いです。何回も何回も決心が揺らぎます。
その上でどうしても独立したいと思う、起業・開業の動機が何なのかを自分の心にはっきり刻むのです。
その動機は強ければ強いほど、起業・開業してから何回も襲ってくる困難に耐える原動力になります。
移住者にとってどんな事業で起業するかは沖縄移住が成功するか失敗するかの分岐点でもあります。

移住者はそれまでの自分の業務経験や得意な事を活かして同業種で独立する例が最も多いパターンです。
しかし、沖縄移住者の中には沖縄と言う土地柄に合わせて未経験の業種で起業・開業なされる方もいます。
一見無謀な感じもしますが、上手く軌道に乗せて成功している方も結構います。


2)沖縄移住で起業・開業して成功できる業種は、まず沖縄の市場のニーズに合っているかです。
たとえ専門技術を持っていても、沖縄の環境や人々の暮らしに必用なものでなければ成功できません。
或いは他の都道府県に向けて沖縄を拠点に発信していくのであれば、
沖縄に住んでいるからこそ出来る事業内容でないと、生き残るのは厳しくなります。

沖縄でビジネスを起業・開業するにあたってよく言われることは、アイデア次第で商売になると言う事です。
又は、競業者の多い業種の中でも新しいサービス法を取り入れる事で抜きん出る事ができます。
沖縄移住者は内地で生活して来た感性を活かし、これまで沖縄にないもので、
「あったら便利になる」、「喜ばれる」と言ったものがないか、考えてみる事です。


3)沖縄移住者が沖縄で起業でビジネスをするために最も大切な事は地元の人との交流と情報です。
人間関係が濃密で、助け合いの精神が定着している沖縄では人づてに得られる情報が沢山あります。
多くの沖縄移住者からは、沖縄はお金ではなく人が財産でいろいろ助けて貰ったと聞きます。
沖縄の社会で生きていくのですから、当然の事として地元の人との交流は積極的にしたいものです。

沖縄ではお酒はコミニケーションの大事な潤滑油的な役割を果たしています。
居酒屋でお話をしながら仕事や起業・開業チャンスを掴んで行った人もいます。
居酒屋などは常連客が集まって生きた情報が飛び交う場所でもあるのです。
こうした社交場では色々な人と知り合いになる場所でもあるのです。
沖縄移住者は出来るだけこのような社交場を活用して人脈を広げたいものです。

一方、沖縄の雇用情勢は厳しく、沖縄移住者にとっても仕事に就くのは簡単ではありません。
労働時間が長く内地に比べると給与は低めです。沖縄移住者の方で企業・開業する方には
関係ないと思うかも知れないが会社では得難い人脈をつくることが出来ます。
起業・開業で独立して成功する方は会社員時代の人脈も活かしているもんです。
会社に入ってからこうしたネットワークを活用して企業・開業する事も選択肢の一つです。

沖縄の人は一般的に口下手で自分からは積極的には話し掛けません。
沖縄移住者の貴方から声を掛けられるのを待っているのです。



 


§関連するトピックス§