§関連するトピックス§
前のトピックスへ次のトピックスへ

希望物件探します(1)


沖縄移住者の 希望物件探します (1)

弊社は
、 
沖縄の不動産市場で、売れない・売れ残った物件の 
土地・中古住宅・
マンション・収益物件の売買をメインにしています。

物件を売却する方は、テレビを始め住宅新聞等で派手な宣伝・広告
を打っている名の知れた会社の方に専任で依頼して行きます。何故なら・・・

名前のある会社なら
高く売ってくれそう” と思っているからです。
売主は、当然出来るだけく売りたい」から、売り出し価格は、
相場より少なくても 1~2割増し通常は、~3割増しでスタートして行きます。
新規のお徳物件と思って買うと、大抵は相場以上で買っていると思います。


高く売るシナリオが、
上手く行かなかった時はどうなるか?

金に余裕があり、特に売り急いでなければ、価格は動かしません。
一方、ローンがまだまだ沢山残っている場合も、値下げしたくても出来ません。

支払いに切迫している場合は、早晩必ず値引をして来ます。
早い時は、2~3ヶ月から値引し始め、1月毎に繰り返し6ヶ月位で相場になります。
ですから、6ヶ月以上売れていない物件は、まぁー無難な価格と考えていいでしょう。

弊社は、虫めがねがなければ、捜せない 小さな不動産屋です。
別名、不動産の駆け込み寺といい売れない物件が駆け込んできます

売れない物件と言うと、価値の無い物件とも、解釈されそうですが、
価値の無い物件ではなく、相場以上だったから“売れなかった物件”なだけです。
相場で売り出していたら、1・2ヶ月待たないで直ぐ売れています。 ですから、

殆んどの物件が 相場か、相場以下の物件になっています。


弊社は、
そんな売れない類の物件を、売るのを得意として云う訳です。


3.11の大震災から、内地からの物件の問い合わせが、増えてきました。


弊社は、この度 沖縄移住を考える方々に、不動産の立場でお役に立てれば思い、

沖縄移住希望者の為の「物件探し相談コーナー」を開設致しました。
  そこでは、沖縄に移住したい方の、土地・一戸建て探しに 応えて行きます。 

沖縄移住を考える殆どの方は、何回か沖縄に来られた方と思います。
しかし、移住を考えて土地、住宅探しとなると、
地域の事を余り知りませんので
そう簡単ではありません。まして、失敗が許されない高価な買い物が、住宅・土地です。 

そんな不安を抱えながら物件を探している方々が、後悔しないように納得して買い物
出来るように相談を受けながら物件探しをお手伝い致します。


マンションは、
築年数、階数、間取り、部屋の方位でも価格が変わりますが、
新築や中古においても 地域毎に 類似物件があり、販売事例も沢山ありますから、
必然的に 相場が出来ています。ですから、素人でも 選択ミスは、まずありません。


土地」や「一戸建て住宅」となると、話は全く違ってきます。

物件探しは、公務員にしろ会社員にしろ、時間が取れる土日に探しています。
それでも、殆どの方が、裕に2~3年は掛かっているものです。  
実際、理想の物件を探すことは、限られた予算では、そう簡単ではありません。
条件を、自分なりにかなり、妥協したとしても、簡単ではないことは 体験して分かります。

沖縄移住を考えて土地、中古住宅の購入を検討している方も、沢山いらっしゃいます。
しかし、ネット等で目ぼしい物件を見つけても 内地にいては簡単に見には行きません。
物件探しは、地元の方でも 相当の時間と暇を費やして希望物件を手に入れるのです。

又、不動産情報サイトの資料とグーグルビューで、物件辺りの概況が分かると言っても、
実際、現地に行って環境を見たり・調査したり・聞き込みをしなければ、何千万円もする
高価な買物、買うに値する物件か、とてもおいそれと簡単に出来るものではありません。


新築、中古を問わず 住宅を購入するうえで大事なのは,その「土地」です。
家は、リフォームでも立替も出来ますが、「土地」は、買ったら終わりです。

自分気に入った土地は、他人が見ても気に入るはずです。
将来、何らかの理由で、売ることになった場合でも、売り易くなります。

角地は、建ぺい率が10%増え、視界も2面に増えるので人気があります。

住宅地は、日当たりの関係から、接面が南側が好まれます。

公道との接面が多く公道が広いほど良い土地とされ人気があるので、
それなりに
価格も高いが、いざと言うときには、売り易いとも言えます。

傾斜地は有効面積が狭いので安く買えましたが、傾斜地が高い地域もあります。
一方、景色は良いし傾斜地を上手に利用して 風情のある個性的な家を建てられます。

周囲の環境は、必ず自分の目で確かめると。
環境は動かすことが出来ません。
何も無くいい土地と思って購入すると、後々とんでもないことになる可能性があります。
又、隣近所にマンションが立ち並んだり 南面にぴったり立てられる可能性があります。


いいと思う物件が見つかったら 速攻で決意が必要です。

  自分がいいと思う物件は、他の人もいいと思っています。

※ 原則的には 1番に手を上げた人に交渉権があります。


土地の過去が分っているか、その土地の歴史的背景はどうか。
土砂崩れ・津波等自然的要素も,理解しておく必要があります。


スーパー、医療施設公共施設など日常利用する施設を確認しておきたい。

小学校の1・2年生の低学年児がおられる場合は、学校近くに拘りますが、
4・5年生になると,1人でも通学が出来るようになります。十分考慮したい。

 中古住宅の場合は、 

中古住宅が付いている場合は、時々お買い得があります。
とても普通の人が建てることの出来ない贅沢な造りの物件があります。

新築にこだわる人は別ですが、
中古住宅も考慮出来ると、 視界が広がります
物件によっては、少しリフォームすることで雰囲気が全く変わって来るもんです。
妥協して、その家に合わせて行く柔軟性があれば、結構いい家に出会えます

バブル時代に建てた豪華な住宅が、20年過ぎて市場に出て来る場合があります。
この時代の家は豪華なほどお買い得です。
殆どが、今では一般人がは簡単には造れない大型物件なのです
それらの物件は、土地の面積も、建物の面積が大きくなっています。

これらの物件が半額位で、時には半額以下で出て来る場合があるのです。
何故、そこまで下がっているのかと言うと、それは買う人、買える人がいないからです。
それこそが、お買い得物件と言えましょう。

 買う時に、「売る時のことも考えて買う」のが、賢い買い方です



そこで、
ずばり提案です。 
希望物件を「弊社と2人3脚で」探しませんか?  


貴方がネット等で、
目星を付けた「希望物件」調査・営業・報告致します。

同時に弊社も、
貴方の希望する物件の「アンテナ」 を張り巡らして行きます。
1社・2社の情報から 選ぶのではなく、沢山の情報の中から、選んで行くのです。
   
物件は、数多くの物件を見て行くうちに段々目が肥えてきます。 すると・・・
自分の探している物件の条件に出会った時に、直ちに決断することが出来、
自分自身が納得した「物件購入」をする事が,出来るのではないでしょうか?  





前のトピックスへ次のトピックスへ

§関連するトピックス§