§関連するトピックス§
前のトピックスへ次のトピックスへ

頭金」は、多い程金利で優遇される!

「無理なく買える家の値段は、いったいいくら・・・?」

その答えは、借入可能額」に頭金」を足した合計額です。

「頭金」とは、物件価格のうち〝現金〟で支払う部分のことです。

最近は、「頭金ゼロでもOK!」という物件も、
多く見かけるようになりましたが、それでもやはり、
頭金は多いに越したことはありません。


頭金が多いのと、少ないのとでは、
同じ価格の家を買うのでも、その後の長いローン返済期間を考えると、
天と地ほどの、差が出るのです。


頭金を「たくさん用意できた人は」、
住宅ローンも、ラクラクゆとりを持って、毎月返済していけます。

けれども、頭金がゼロや、小額だった人は、
たくさん借入れた分だけ、たくさん利息が上乗せされて、
キツキツなローン返済生活」が、待っています。


利息をたくさん払う分だけ、手元のお金のゆとりが減るので、
貯蓄もなかなか増えません。


金銭面だけでなく、
精神的にも、かなり厳しくなるのは、明らかです。

逆の見方をすると、貸す側の金融機関も、
「頭金を2割以上用意できる人に貸したい」というのが、本音です。

たとえば、ローン金利を見ると、
頭金が2割以上ある人には、そうでない人に比べて、
優遇した金利を、設定している金融機関が、たくさんあります。


何故かと云うと、金融機関にとって、
まさかの時の、
「担保割れ」のリスクが、少なくて済むからです。

「担保割れ」というのは、
担保として提供されたものの、価値が不足になること。

ローン返済の滞納が続くと、物件を競売にかけるなどして処分し、
それを融資金に、充当することになります。


その時に、処分したお金だけでは、ローン残債の全てを、
帳消しにすることが
できない状態・・・・・・それが、「担保割れ」です。


住まいの価値が目減りしていても、
ある程度、頭金が入れてあれば、
銀行としては、ローン残債分の焦げ付きの
危険性が、少ないと考えているのです。


つまり、頭金が多くある融資先は、
(すなわち、ローンを借りる私たち)
不良債権化する可能性が、少なくてすむ、ということです。


〝ある程度の頭金〟とは、
「物件価格の2割」としている所が多い
ですが、
これにこだわる必要は、それほどありません。
一つの目安にしておけばよいでしょう。

要は、無理をしない額の、頭金を入れておくことで、
あとあとのローン返済額をキツキツにしないことが大切です。

頭金は、多ければ多いほど安心。


物件価格の「2割以上」を用意できる人には
優遇金利」を設定している金融機関もあります。













前のトピックスへ次のトピックスへ

§関連するトピックス§