§関連するトピックス§

住宅ローンは〝返せる範囲内〟で借りるのが鉄則です!

住宅ローンは、
銀行などの金融機関から貸してもらえる額〟と、
自分が〝無理なく払える額〟が異なります。

もしも、試算した際に「このプランで、いかがでしょうか?」と
提示された、毎月返済額を見て、
「今の家賃より高い」と思ったら、無理は禁物です!

今の家賃より、3万円程度のアップだし、家計を見直せば、
何とかなるかも・・・
という 甘い考えは、絶対にNGです!

その3万円の節約が出来るのなら
すでに実行して、貯金が増えているはずです!

そう!3万円の節約は簡単に出来るものでは、ないのです。

これまでも住宅購入用の貯蓄を毎月3万円してきたから大丈夫、
という考えも、ちょっと慎重に!


これから子供が大きくなると、今の住居では手狭になるから、
購入という人は、
今後の子供の教育費負担がウナギ登りに
確実に増え、きつくなることを忘れていませんか?


今までは、全て住宅購入用として貯めてこられたとしても、
今後は、教育費などの出費で、余裕のお金は、どんどん減っていく、
家計トレンドにあります。


3万円分の余裕は、あっという間に吹っ飛んでしまうかも・・・?

その上、マンション購入のケースでは、
毎月の維持費、(管理費&修繕積立金)だけで、1~2万円位
支出することになります。。

立地の良い物件であれば、駐車場代もあなどれません。

ローンの毎月返済額だけで、予算を考えていると、
あっという間に、大赤字家計に陥る、危険性があるのです。


では、「どうすればいいのか?」と言うと、

「今、払っている家賃の額で、住宅ローンを返済するとしたら、
いくらの物件が、買えるのか?」を知ることから、始めることです。

今の家賃と同じ額を払った場合の借入可能額を確認することです。
自分の身の丈を知り、夢見がちな心に重石を置く姿勢が、大切です。

まずは、今払っている家賃内で、返済するとしたら、
いくらの物件が、買えるのか?を考えることです!













§関連するトピックス§