浦添市牧港に外人住宅跡のカフェ居抜き店舗出ました。造作設備売買450万円。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

※お問い合わせの際は、浦添市牧港カフェ居抜き店舗 とお問い合わせください

詳細情報
所在地沖縄県浦添市牧港
物件種別カフェ居抜き店舗
造作設備売買金450万円家賃10万円
敷金10万円礼金10万円
共益費なし保証金
床面積敷地面積 56.04坪   建物面積 23.80坪階数1階
駐車場5~6台無料
契約期間定期借家 5年築年月
入居日相談料金備考
交通第一牧港バス停から約680m
開始日2024/1/25終了日
取引態様仲介
備考
お知らせ

※ 結不動産よりコロナ感染予防に関するお知らせ ※

現在、沖縄県内でも急激に感染が拡がっている「新型コロナウイルス」感染拡大予防の観点から、ご来店時・物件案内時には、
可能な限りマスクのご着用をお願いしております。

今日のマスク不足も深刻な中、大変恐縮な思いではございますが、物件案内時には2名~3名程度の複数名での立ち合いが予想されるため、お客様の安全を考慮の上、ご理解・ご協力頂けますよう 改めてお願い申し上げます。
コメント

弊社のコメント

当店舗は、浦添市牧港にある人気の「外人住宅」をリフォームしたカフェの居抜き物件です。店舗は、沖縄でよく見かける白く屋根が平らな四角形状の外人住宅で、店舗を囲むように複数台(おおよそ5~6台分)の駐車が可能です。那覇・浦添市地区にある店舗の多くでは、一物件に割り当てられる専用駐車場台数には限りがあり、駐車場があって良い方、台数においても1〜2台程度が平均値です。そんな中、こちらの店舗では車種にも寄りますが、5~6台分を店舗専用駐車場として、さらには、10万円の家賃に利用料が込まれているというのが大きな魅力のひとつです。

店舗の外には広々としたウッドテラス部分もあるので、お天気の心地良い日には開放的なテラス席でゆっくりとお茶を楽しむこともできます。

 

既存の店舗はカフェのため、居抜き売買での譲渡設備もカフェ仕様となりますが、その他の業態でご出店の希望がある場合も、まずはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

■立地

当居抜き店舗の所在地は、国道58号線沿い・ガルフスポーツクラブ牧港店の裏手に位置します同じ浦添市内で外人住宅リフォーム店舗の集落で有名な「港川外人住宅(港川ステイツサイドタウン)」がありますが、そちらのエリアとは異なります。その為、商店同士が集まることで高まる相乗効果という面では、あちらに軍配が上がるかもしれませんが、当店舗にはその分、主要道路からアクセス良好ながらも静かで落ち着いた環境、そして、ゆとりのある専用の駐車スペースが確保できます。行き交う交通量もさほど多くはないため、駐車に不慣れな方のご来店時でも、後方車に気を取られずに、ゆっくりと安全に駐車をして頂けるでしょう。

 

沖縄の主要道路である58号線からほど近い立地でありながら、本通りから数ブロック奥へ入ったエリアのため、交通アクセス面に関しての利便性は保たれつつも、大通り沿いには付き物の騒音・喧噪の煩わさしさからは距離を取ることができるので、静かでリラックスした空間が重要になってくるカフェ業態としては、この2つのニーズが上手く融合した好条件の立地ではないでしょうか。

 

外人住宅と呼ばれる四角い箱形をした特徴的な外観の住宅は、元来は、沖縄に住んでいる在日米軍所属の軍人や一緒に住むその家族のために建設された歴史があり、今でも沖縄本島の中南部を中心とした、浦添市、宜野湾市、北谷町、北中城村、沖縄市、読谷村といった基地周辺の地域でよく目にします。1950年頃から県内で外人住宅の建設が始まり、沖縄が返還された1972年以降は、沖縄の一般民間にも貸し出されるようになり、今では住宅の用途としてだけでなく、カフェやバーなどの飲食店利用から、雑貨・アパレル等を扱うショップとしても需要が高く、外人住宅での出店を強く希望される方もいるほど、常に人気が高い物件です。

 

既存の外人住宅のほとんどが建設から50年以上経過している建物なので、コンクリート造といえどさすがに建物の傷みや古さは感じるものです。しかし、そこに暮らす人たちによって、壁のペンキを何度も塗り直され、壊れてしまった部分の修繕を繰り返し、その歴史自体が「ヴィンテージ」としての魅力に変貌するのが、外人住宅特有の不思議であり、唯一無二の特徴ともいえます。近年はそのレトロな雰囲気に惹かれた入居希望者は多く、エリアによってはなかなか空きが出ない程入居のハードルが高い物件になっています。当店舗は、その外人住宅の味や雰囲気を上手く活用したカフェの居抜き店舗です。

 

 

■店内(客席・ホール部分)

店内は約23坪の広さで、大きなガラス窓で自然光をたっぷり取り込むことができます。店内は壁と天井を柔らかいアイボリー色で統一しています。入口から見てすぐに目に入ってくるのは、フレンチカントリー調のモルタル造形を施した壁装飾。柔らかいアイボリー色のレンガには凹凸があり、手に触れて確かめてみたくなるような質感がとてもおしゃれで印象的です。壁にライトが当たると自然な印影が生まれ、思わず写真に収めたくなってしまうほど店内全体の雰囲気を底上げしてくれます。

 

店内(ホール・客席部分)は全部で3部屋に分かれており、メインの客席ホールは上記で述べたモルタル造形の壁があるフロアです。残り2部屋の内、一部屋は現在スタッフ専用のバックヤードとして、もう一部屋は展示イベントや簡易的な会議室として、通常のカフェ営業とは違った活用方法で利用されています。

テーブルや席の配置によって完全個室のお部屋として利用することもできるので、プライベートな集まりや小団体様でのご利用時、小さなお子様と安心して利用できる専用のキッズルームとして活用することもできます。

 

外には広々としたウッドテラスも併設されているため、そこにお席を設けてテラス席としての活用もおすすめです。

 

カウンターは入口から入ってすぐのところにあり、キャッシャーとドリンカースペースを兼ねています。

 

 

■厨房

厨房はカウンターの奥部分にあります。成人の標準体型の男性であれば2名程度、同時作業をしても十分動線が確保できる広さがあります。調理スペースは、カウンター側のドリンカースペースと作業場所を独立させているため、忙しい稼働時間においても効率よくメニュー提供を行うことが可能です。

厨房には裏口が設けられているので、食材の搬入時や換気を行いたい時も素早く行うことができます。

 

※お店に設けられている設備の内、所有権が大家さんに属している場合など、細かいヒアリングや確認が必要な場合がございます。実際の居抜き譲渡に含まれる機材設備に関しての詳細は、ご案内の際に担当までお気軽にお尋ねください。

 

 

■駐車場

店舗敷地内に専用駐車場が5〜6台分あります(家賃込み ※停め方、車種サイズによって駐車可能台数が変動します)。

 

 

■お手洗い

店舗奥に1室、手洗い場が室内に併設されています。

 

 

■その他

現時点で、これから開業されるご予定の希望業態がお分かりであれば、お電話かメールにてお気軽にお問合せくださいませ。

 

その他の敷金・礼金等の諸費用に関しては、上記にある表をご参照ください。

開業の際、資金を潤沢に用意できている方はごく稀です。居抜きで新規開業を試みるほとんどの方が、公庫や銀行からの融資を利用して開業されています。

お店を開くにあたってどの程度自己資金を用意すればいいか分からない、予定している自己資金では足りずに悩んでいる等、資金に関するご相談がある場合もどうぞお気軽にお尋ねくださいませ。まずは現在の状況を詳しくお伺いし、お客様に合ったご融資先のご提案、オーナー様との価格交渉も弊社が対応させて頂きます。

 

もちろん、資金調達先として公庫や創業者支援資金制度をご利用の方、また銀行からの直接融資をご検討の方も居抜き物件ご購入の相談可能です。

 

居抜き物件はただの空箱テナントとは違い、造作された内装やその立地ともに同じものがふたつとありません。それゆえ、ゆっくりと購入を検討している間に後の内見者に押さえられてしまった、という後悔が滲むケースは数多くあるのが現状です。

 

つまり、居抜き物件は一度きりのチャンスであり、購入のチャンスを逃してしまえばそれまでです。

 

まずは内覧からです。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ、お待ちしております。

 

 

 

-----当文章をご覧になられる不動産会社様へ。------

弊社は、どの店舗にも管理会社がいらっしゃることは十分承知しております。

よって、居抜き売買の際に、店舗賃貸借契約へは介入は一切致しません。

どうぞご安心下さいませ。

*----------------------------------------*

 

種別:居抜き店舗の造作売買

店舗種別:カフェ

所在地:沖縄県浦添市牧港

坪数:約23坪備考:居抜き店舗、設備売買あり