居抜き店舗のメリットは、「超低投資」です。

ない元手で沢山稼げるほうが商売の原理原則です。
今、居抜き店舗を活用する方が増えています。

ところが、飲食店を開店しようとするとこの大原則を忘れてしまう人が少なくありません。
不必要なムダな投資を平気でしてしまうことが結構あるのです。
通常小さなお店を開店したい人で資金かあり余っている方は殆んどいないでしょう。
初期投資予算を立てているとしても掛かるお金は出来るだけ少ないほうか良いです。
できるだけ投資額を減らせる方法を真剣に考えるべきです。
その切り札が「居抜き店舗の活用」なのです。

通常の新店舗での飲食店オープンでかかる投資額の大半は、店舗物件の取得費、
内装工事費、厨房の設備機器費、空調設備費といった、店舗自体にかかる費用です

その他、椅子・テープル・調度品等の費用も店舗費用に含まれるが結構な金額になります。
投資額を減らすには、これらの費用を削減する必要があるのですが意外と難しいのです。

たとえば、店舗物件取得費を削るとすると、
この取得費のうち初期投資で大きいのは保証金(敷金・権利金)だが、
立地条件のいい物件は、保証金等か高く設定されています。
これを抑えようとすると、最初から立地条件の不利を背負うことになり易いのです。

では、内装工事費ならコントロールし易いかというと、そんなことはありません。
壁や床、天井などの材料を多少落としたところで、それほど大きな違いは出ません。
設計料や工事自体にかかる業者の人件費などが掛かってしまうからです。
自分のお店をつくるのだから「いいお店にしたい」という欲が出てしまいます。
割り切れなければ 落とせる費用もほとんど落とせないということになりがちです。
椅子やテーブル、調度品などの選定についても同じことが言えるのです。

一方、居抜き店舗は、以前営業していた店舗を、そのまま譲り受ける契約の店舗です。
内外装を始め、厨房設備、空調設備などの設備機器類から椅子やテーブルなどの什器備品まで、お店の営業に必要なものは、居抜き店舗には殆んど揃っているわけです。

居抜き店舗は、賃貸する時に掛かる費用の他に、前店主に「内装設備譲渡代」を支払うことになるが、新店舗に比べてかなり安いし、内装設備譲渡金にしても、新たに工事したり設備を設置するのとは、比べ物にならないくらい安く上がります。
店舗の年数や状態によって一概にはいえないか、
居抜き店舗を利用した場合の店舗開業資金は、通常の3分の1程度で済むのか普通です。

居抜き店舗でオープンするといっても、前のお店をそのまま引き継ぐという事ではない。
「新しいコンセプトのお店」であることを出来るだけアピールする事が命題になって来ます。
これが居抜き店舗での成功の原則なのです。

ブログはこちらをクリック